ブログ・トピックスお知らせキャンペーン

終活相談:お寺指定の葬儀社で葬儀をあげなければいけないの?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、U.K.さん(40代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

U.K.さんは、ご本人の終活をされていらっしゃるようで、自身の葬儀についてのご質問を頂戴しました。

“希望の葬儀屋さんにお願いしたいと思っています。聞いた話ではお寺と契約している葬儀屋があると、希望の葬儀屋さんにお願いできないと聞きました。絶対にお寺と契約しているところではないと葬儀は出来ないのでしょうか?また、遺書は必要でしょうか?身内がいない場合、お葬式はどうなるのでしょうか?最期に、葬儀でのお布施の相場はどのくらいでしょうか?戒名の位にもよると聞いたことがあります。お寺から提示された金額を必ず包まないといけないでしょうか?”

セレモニーホール心泉使用_花プラン祭壇

1.お寺と提携している葬儀社にしか依頼できないか

お墓を寺院墓地にて管理されている場合、つまりは、お手付きのお寺がある場合、葬儀を行う際は、ご自身が檀家・門徒となっていらっしゃる菩提寺の僧侶に葬儀に出席して頂くことが一般的ではあります。ですので、葬儀が必要になった際に、もし葬儀社が決まっていらっしゃらなければ、寺院からの紹介があるかもしれません。

手配の手順としては、葬儀社⇒寺院(僧侶)となる事が多いので、どちらかというと、葬儀社にお手付きの寺院があり、そこの寺院の住職に供養をお願いしたい、とお話しされることの方が多いです。

また、何かのきっかけで、寺院側より葬儀社の紹介をされたとしても、必ずその葬儀社に依頼しなければならないという契約上の仕切りがあるわけではありません。既にお願いしたいと思っている葬儀社がある場合は、そちらの葬儀社に依頼予定であることを事前にお伝えされてはいかがでしょうか。”お付き合い”で、葬儀社の紹介が寺院からある場合もありますが、最近では、そのような縛りを懸念されて、寺院との付き合いを辞められる方もいらっしゃいます。

心泉のお葬式では、提携先の法句寺の門徒の方にご使用頂くとともに、お手付き寺院のある方に心泉会館(セレモニーホール心泉)をご利用頂き、供養は菩提寺の住職がいらっしゃることもあります。

2.身内がいない場合、公正証書の提出もしくは後見人の準備をおすすめします

近年、ご結婚などをされないライフスタイルをお送りになる方も多くなってきたこともあり、生前申し込みについてお問合せ頂くことも増えました。

万が一の事があった場合、本当にご親族がいない場合は、自治体などの決まりにより供養されます。心泉のお葬式を行っている金沢市では、独り身の方がお亡くなりになると、市役所からご親族の方にご通知が行きます。その際遠縁のご親族まで通知がなされるのですが、本当にお身内が居ないという場合につき、自治体の指定葬儀社の手配の元火葬、指定の納骨堂などに供養されます。

ただし、ご自身で葬儀社やお墓を手配されていた場合、ご本人指定の業社や寺院にて供養頂くことも可能です。その際、必ずその葬儀社やお墓にて供養頂くためには、公正証書をご用意頂いておくことをおすすめしています。

友人葬などの実施を希望される場合、後見人をお願いしたい方に喪主となって頂くことも出来ますので、万が一の事があった際には、後見人の方が喪主を務められることも可能です。ただし、金銭が絡んでくることですので、費用負担を誰がどのように管理しておくのかを事前に打合せておくことが必要です。故人の口座はお亡くなりになった時に凍結され、家族でさえも代理で引き出すことはできません。

また、後見人を、行政書士や寺院の僧侶が務めることもあります。詳しくは行政書士の方と様々な事情を整理した上で決められるといいかと思います。心泉のお葬式でも生前予約について受け付けておりますので、ご興味のある方は、まずは心泉の丘までお問合せください。

3.お布施は本来お気持ちです

本来、お布施に価格提示をして請求することはできません。お布施は、いくら欲を捨てられるか、という修行であるとも言われています。ただ、お願いする立場からすれば、どの位であるかが提示されていた方が払いやすい、と思われる方もいらっしゃいます。

心泉の丘の場合は、お布施の参考価格をご案内しております。

・枕経、仮通夜、お通夜、葬儀、火葬、中陰、繰上げ初七日、法名(棺入法名・仏壇法名・おかみそり) ¥150,000 

・お通夜、葬儀、火葬、中陰、法名   ¥100,000

・葬儀、火葬、法名   ¥50,000

・火葬、法名(安置・直葬プランの場合)   ¥30,000

価格のご提示があったとしても、それ以下、それ以上を払う払わないは、故人との関係や施行者の経済状況にもよります。ただ、それをよしとする寺院であるかというのは、住職それぞれの考えにもよる場合があります。

ちなみに、真宗大谷派院号法名をご希望の場合は、本山への申請費(8万円~)が必要となります。こちらは、指定価格となっているので、8万円を納めないと院号法名は頂けないと言われております。お布施は気持ちで、と言いつつも、指定価格があるというのは、ある意味グレーゾーンですね。その方針をお好みになるかならないかは、檀家さんや喪主さんのご意向によりけりというところもあります。

(注意)上記の内容は、自治体の規定、宗派ごとの考え方、寺院事の考え方などが絡む部分となりますので、ご自身のお住まいの規定や宗派、菩提寺の方針をお調べになることをおすすめします。

 

 

永代供養体験談:改装許可証の発行にひと苦労?墓じまいの総額は?

家族葬や永代供養墓、その他終活のご経験者の方々に、体験談を伺いました。
皆さまの体験談を元に、「心泉」のお葬式永代供養に対する理解も深めて頂ければ幸いです。

今回は、T.M.さん(男性・40代)に永代供養墓購入の体験についてお話を伺いました。
実施されたのは、心泉のお葬式永代供養とは異なりますが、皆様が終活を行う上での参考になれば幸いです。

・WEBで検索。足を運んで見学。


WEBサイトで永代供養墓を探されたT.M.さん。お墓の改葬から撤去に至るまでの経験について伺いました。

「田舎の現在の墓を墓じまいして、新たに私の住んでいる家の近くに永代供養の墓を購入しました。田舎の墓には父と先祖の遺骨を納骨してある墓でした。」

そのお墓の撤去については、建立してもらったときに依頼した業者に撤去もお願いしたとのこと。新しいお墓はどのように決められたのでしょうか。

「新たな墓はネットで候補を探して、実際に見に行って、説明も聞いてから決めました。」
T.M.さんの亡きお父様、病院にいらっしゃるお母様、先祖、T.M.さんご自身、奥様の五霊位が入る、石板に家名を入れ、永代供養にされたとのこと。

・最期は土にかえる。そんなコンセプトが気に入って


T.M.さんが決められた寺院には、様々な形式の永代供養があったそうで、実際に決めるまでは迷いがあったとか。最期お決め手は何だったのでしょうか。

「一人、二人、三人、五人、六人と霊位数だけでも種類が多く、それが室内の箱型の様式と屋外の様式に分かれていました。結局、”最期は土に返る”というのが気に入りいました。また、その墓地は桜や紅葉の木があって、自然が好きな私には落ち着ける場所だと思いました。」

実際にお墓をご覧になることで、そこで故人やご自身が供養してもらいたいと思える空間に決められることができたようです。

最近は、室内でお参りができる納骨堂や樹木葬、散骨など様々な形式が選べるようになってきましたね。心泉の永代供養も墓石の中に合祀スペースがあり、”最期は土に帰る”という部分を気に入っていただいております。

また、永代供養墓・心泉のある法句寺(野田山・大乗寺山)霊園からは、金沢市内が見渡せ、かつ四季に応じ植物の葉が色を変える見晴らしの良い空間にあります。永代供養墓・心泉に納骨される前は、兼六園近くの室内納骨安置所でお参りいただくこともできます。

・改装許可証の発行にひと苦労


その他、墓じまいにおいて、困ったことや疑問に思ったことを聞いてみました。

「田舎の墓地が非常に古くて、管理しているお寺や管理組合がわからなくなっていて、市役所で改葬許可証を発行してもらうのに苦労しました。 田舎の市役所と新たなお寺の人に事情を説明して、なんとか改葬するまでにこぎつけることができました。このような事はおそらく私だけではなく、過疎化する田舎においては、今後十分にありえることだと思います。」

地域により、墓じまいの事例がまだ少なく、対応が遅れていることもあるようです。

・金額もしっかり確認を。心泉の永代供養・墓じまいの金額は?


無事に墓じまいを済ませられたT.M.さん。WEBサイトで情報収集をきちんとされ、実際に墓地にも足を運んだことで、書類の手配に少し苦労したものの、大きなトラブルもなく無事墓じまいができたようです。

中には、費用感の事前調査をされず、業者の言い値で済まされる方もおります。墓じまいを行うのに必要な費用も気になるかとも思いますので、費用に関しての事例も加えさせていただきます。

心泉の永代供養の場合、墓じまいのお客様には、石材店への見積もり代行もさせていただいております。お墓が寺院内などにある場合、指定の石材店での撤去が必要なこともありますが、その他公営墓地などの場合は、ご自身で撤去のお手伝いをお願いする石材店を決めることができます。

最近対応させていただいたお客様の場合、お墓の中に骨瓶が一個と土に埋もれる形でご遺骨がありました。ご相談にいらした際は、お墓の中を確認できませんでしたが、結局骨壺2つ分のご遺骨ということがわかり、合祀2つ分のご料金(20万円)と撤去費(15万円)の合計35万円(税抜)で対応させていただきました。

また、魂入れと魂抜きの対応を寺院が行い、寺院へお布施をお渡しされていました。
安心価格の約40万で墓じまいすべてを行うことができました。

心泉の永代供養では、無料相談も行っております。お気軽にお問合せ下さい。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

新年のご挨拶:2016年もお朝事と共に

お正月も終わり、昨日から仕事始め、という方も多いのではないでしょうか?

法句寺では、年末年始も本堂では、お朝事が行われました。特にこの時期は寺院をで入るする方も多く、慌ただしい日が続きました。

12月から1月にかけても、寺院に仏教体験にいらっしゃる方がおりましたで、一緒にお勤めをさせていただきました。

法句寺には、海外からの体験者様が多いのですが、初めてのお勤めをされた方からは、すがすがしい朝を迎えられたという感想を多くいただきますよ。

20160105

感謝から始まる朝を日課に、今年も皆さまと一緒に素敵な年にしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月 法句寺・心泉の丘 一同

終活相談:遺品整理をどのようにしたら後悔することが無いか悩んでいます。

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。今回は、S.S.(40代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

S.S.さんは、お父様の遺品についてお悩みのようです。

”亡くなって数か月経ちますが、遺品整理をどのようにしたら後悔することが無いか悩んでいて全くの手つかずな状態です。母が亡くなったときは父と二人でどんどん整理をし、数着の服とよく身に着けていたものだけにしました。でも、その時はまだ父が生きていたのでできたことだと感じています。両親ともに亡くなってしまった今、どこまで整理し、どこまで手元に残したら後悔をしないで済むのかと非常に悩んでいます。私はそれを大事にできても、私が亡き後その遺品がどうなるのかを考えると多く残すことが正解とも思えません。使えるものはリサイクルショップなどに持ち込みも考えていますが、遺品、思い出の品はどのくらい手元に残せば良いのでしょうか。またどの様なものを残せば良いのでしょうか。整理した後にはもう手元に戻らないと思うと、後悔をしたくありません”

1109ブログ

お亡くなりなった後、気持ちの整理をするのはもちろんですが、遺品の整理も考える方は多いのではないでしょうか。故人の面影を残したいという想いで、そのままにしてしまうと、また更に後始末に時間がかかりますよね。かといっても直ぐ処分するのも後悔しそう。

1.時期と気持ちでまずは整理をしましょう。

①緊急性のあるもの(すぐに処分しなければならない・した方がいいもの)と②緊急性のないもの(しばらく処分しなくともいいもの)。まずは、その2つに整理してはいかがでしょうか。

すぐに処分しなければならないものは、(A)相続税などお金に関係してくるものB)引っ越しなど物理的な制限に関連してくるもの、の2つがあります。(B)はお金に関係してくるものでもあります。

次に、処分しなくともいいもの、については、(a)手放してもいいと思うもの(b)直ぐには手放したくないもの に整理し、手放してもいいものについては、整理をしておきましょう。

2.手放すタイミングは49日をめどに。

納骨のタイミングでもある49日をめどにまずは遺品の整理をされてはいかがでしょうか。その時期に親族の方も集まるのであれば、まだ使えるものなどは、希望者にお渡ししてもいいかもしれません。時期を区切ることで、一度タイミングがつかめるはずです。

S.S.さんのおっしゃる通り、リサイクルショップにもっていくのもとてもいいと思います。一軒屋分、というように、あまりに遺品の量が多い場合は、専門の業者に依頼することも可能です。料金がかかってくることなので、必要な場合は、一度見積もりを取ってから考えることもできます。

3.思い出の品は撮影し写真でまずは保管を。

形見にしたいものは、無理に処分する必要はありません。思い出に残っている遺品ですと、なかなか手放せるものではありませんよね。とはいえ、ご自身の後のことを考えると、残しておくことで負担になる事も。そこでおすすめなのは、思い出の品を写真に撮って、しばらく取っておきたいものとそうでないものを整理しながら、写真と共に一度保管することです。気持ちが落ち着いてきたタイミングで、少しずつ遺品の量を減らしていきましょう。写真はデジタル化されていれば、データとして保管しておきましょう。手放した後でも、絵でみることで、気持ちが落ち着くこともあります。ゆくゆくは、本当に大切なものを段ボール1つ分にする、など決めてしまうというのも一つの方法です。

ご自身のお住まいの場所に広さにもよりけりかと思いますので、まずは最終的な量の目途をご自身で設定されてはいかがでしょうか。

4.エンディングノートや遺言書作成を

換金が可能な宝石類などの遺品が多い方の場合は、残された家族間で揉め事にならないよう、ご本人が元気なうちに、鑑定などに出し、詳細をエンディングノートなどにまとめておくことをおすすめします。具体的には宝石や骨董品などの部類です。

公正証書までの遺言書に記載しなくとも、エンディングノートなどにまとめておくだけでも、残された人たちの間でのトラブルを避けるのに役に立つこともあります。

まずは、家族間のコミュニケーションをしっかり取り、亡くなった後の処分について事前に計画建てをされることをおすすめします。

心泉のエンディングノートの項目では、「7.財産について(遺言書)」が該当します。これらについては、事前にご本人とまとめておくことをおすすめします。

●遺言書の種類 保管場所(自筆証書遺言書/公正証書遺言書/秘密証書遺言書)

●書類などの保管場所(不動産/預金/現金/株式・証券・投資信託/ゴルフ会員権など権利書/クレジットカード/借入金/生命保険/年金保険/葬儀保険*/障害保険/火災保険/税金関係/形見分け)

心泉の丘では、終活に関する無料相談も行っております。お気軽にお問合せ下さい。

終活相談:できる限り、死亡後のトラブルを避けたい。何を優先して話し合うべき?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。今回は、D.O.(20代・男性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

”いざ本人が亡くなった時に、お葬式のための費用や死亡の連絡などやらなければいけないことがとても多いと思うが、総費用としてどの程度を見込めばよいのか知りたいです。また、相続に際しては、司法書士などの専門家に依頼するべきなのかどうかも知りたい。できる限り、死亡後のトラブルを避けたいと考えているが、何を優先的に話し合っておくべきなのか。具体的な事例と併せて、優先するべき事をリスト化してくれると、非常にありがたいと思う”

エンディングノート

D.O.さんは、まだ20代の方ですが、祖父母の事を考え、事前に準備をされたいとのことでした。終活について、まだ取り組んだことが無い方が、まず行うと良いことからお答えしていきたいと思います。

1.まずはエンディングのートの作成を

質問を拝見するに、「死後のトラブルを避けたい」というのが一番のお気持ちであるように思います。近年、エンディングノートを作成される方が増えてきました。まずは、ご本人と一緒に、エンディングノートの作成をされることで、何が必要になってくるのかを明確にされてはいかがでしょうか。そのうえで、専門家に必要な部分を相談されてはいかがかと思います。

エンディングノートのサンプル(今回は心泉のエンディングノートを参考にしています)を見て頂くと、具体的な項目がリストアップされています。

1.わたしの生い立ち・思い出の記録

2.家系図・家訓(伝えておきたいこと)

3.お墓・納骨・埋葬について

4.希望する葬儀について

5.医療・介護について

6.セカンドライフ/終の棲家

7.財産について/遺言書

8.後見について

9.もしものときの連絡先

10.メッセージ/伝えたいこと

この中でも特に「3.お墓・納骨・埋葬について」「4.希望する葬儀について」「7.財産について/遺言書」「8.後見について」について良くお話しされておくと、いざお亡くなりになった際も故人の想いを引き継いだ対応ができることと思います。

2.終活も無料から有料まで様々です

エンディングノートには、ネット上にある無料のものから本屋さんにある有料のものもあり、エンディングノートを作成するにあたっても、終活カウンセラーと呼ばれる方のアドバイスや相続診断士の免許をお持ちの方からのアドバイスを受けながら行うなど形式も様々です。市のセミナーなどでも無料で配られることもあります。

一般的に、無料対応の場合は、他のサービス(保険、葬儀、相続)など、有料であるサービスのご案内をされる方が多く、一般的な質問やアドバイスは無料で請け負っていらっしゃることがあります。カウンセリングが有料の場合は、ご案内する有料サービスが無い代わり、中立的なアドバイスをされる方もいらっしゃいます。その背景を理解された上で、アドバイスを終活カウンセラーや相続診断士の方に求められてはいかがかと思います。

3.葬儀の費用は内容と葬儀社で大きく異なります

ご本人がお亡くなりになる前に、葬儀社へのヒアリングを行うことをおすすめします。葬儀社や葬儀内容により、費用は大きく異なります。また、互助会に入会されている場合、会員価格の提示などなされていることもありますが、互助会を解約し、他の葬儀社に依頼することも可能です。互助会の退会費を含めても、総費用が低くなることもあります。葬儀社によっては、互助会の解約を代行してくれることもありますので、確認してみましょう。

葬儀費用は、家族葬にするか、一般葬にするかで、合計金額が変わるとともに、一般葬儀の場合は、香典で賄える部分もありますので、自己負担額が異なってきます。

平成26年に日本消費者協会の発表によると、一般葬の総額は、188万9千円だったそうです。内訳は下記の通りです。

(単位:万円)

・通夜からの飲食接待費 33.9

・寺院への費用(お経、戒名、お布施) 44.6

・葬儀一式費用 122.2

・葬儀費用の合計 188.9

注:各項目の金額は平均額で、上から3項目目までの合計と葬儀費用の合計とは一致しない。

<日本消費者協会「第10回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」/2014年>

葬儀一式費用については、形式によって様々です。心泉の家族葬の事例は、心泉のホームぺ―ジ・お値段と内容に掲載がありますので、ご興味のある方はご参照ください。上記が一般的な価格だとした場合、安価でのご案内となっていると思います。

また、心泉のお葬式の場合、法句寺が担当することが多いのですが、”寺院への費用(お経、戒名、お布施)”は下記でご案内しております。法名(戒名)の院号については、追加で浄土真宗大谷派東本願寺への申請費(8万円)が必要となります。

・お通夜、葬儀、火葬、中陰、法名 ¥100,000

・葬儀、火葬、法名 ¥50,000

・火葬、法名(安置・直葬プランの場合)  ¥30,000

4.専門家に相続関係を依頼するべきかの判断

相続については、本当にケースバイケースであえることが多いもので、一概にどの専門家に依頼するべきかということが言えませんが、相続における知識を持つ、相続診断士などに相談した上で、各々の相談者をご紹介頂くようなプロセスを踏むことはできます。また、最近ですと、税理士事務所や行政書士事務所などでも各士業と連携し、相談にのって頂くことは可能です。生前に相談することで、事前の対策をしておくこともできますので、一度無料相談などを行っている専門家に問合せてみてはいかがでしょうか。

その場合も、まずは「エンディングノート」を作成してから相談に行くとスムーズにお話が進むと思います。前持った準備が大切です。心泉の終活では、相続診断士の資格をもつ僧侶が作成をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

心泉のお葬式事例:実施内容とアンケートのご紹介

仏さまの近くで最期を見送りたい、大切な最期を家族とゆっくり過ごしたい、丁寧な対応・明確な料金設定かつ安心価格の葬儀社に施行してもらいたい。

そのようなお客様に喜んで頂いている心泉のお葬式。心泉会館でのアットホームな空間と温かい対応、実績ある葬儀社の進行による安心感のある運営を大切にしております。

そんな心泉のお葬式に最近届いた事例とアンケート回答をご紹介いたします。
心泉の家族葬・花プランのご利用をされたお客様の花祭壇の様子です。
白を基調としたお花をベースに男性の仏さまということもあり、青のお花を一部添えました。花プランに追加し、両脇に生花盛籠と果物の盛籠をお供えしました。
心泉の家族葬・事例

また、心泉のお葬式では、毎回アンケートを取らせていただいております。
今回心泉の家族葬をご利用いただいたお客様にも満足いただけたようで、このような回答をいただくたびに、大変うれしく感じるとともに、頂いたご意見をもとに、更に良い葬儀を提供できるよう施行錯誤させていただいております。
心泉のお葬式・アンケート回答例

その他の祭壇や価格の事例は、こちらからもご覧いただけます。ぜひ参考にしてください。

★期間限定・終活キャンペーンのご案内★
2015年12月23日~2月29日までの期間中に相談・見学にお越し下さった方を対象に、
心泉のお葬式でご利用いただける3千円割引券心泉の永代供養でご利用いただける5千円割引券
を贈呈しております。ご予約はこちらからお願いします。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

家族葬体験談:家族内ですべて決めることができました

家族葬や永代供養墓、その他終活のご経験者の方々に、体験談を伺いました。
皆さまの体験談を元に、「心泉」のお葬式や永代供養に対する理解も深めて頂ければ幸いです。

今回は、Y.T.さん(30代)に家族葬の体験についてお話を伺いました。
実施されたのは、心泉のお葬式永代供養とは異なりますが、皆様が終活を行う上での参考になれば幸いです。

・家族内ですべて決めることができました


WEBサイトで家族葬を検索し、ご縁があった葬儀社にお父様のお葬式を依頼されたY.T.さん。実際の体験について聞いてみました。

「父の葬儀で利用させて頂きました。会社も辞め、人付き合いも少ない父は、もともと家族葬と希望していたので、事前に「家族葬」で調べてお願いすることにしました。
通常の葬儀をすると、数百万単位での費用がかかる為、諸費用含め100万円以下で抑えられたのは良かったです。
親族はほぼ亡くなっていたので、家族内ですべて決めることができました

・家族葬の利点とは?


ご本人のご意向を引き継がれ、家族葬をされたY.T.さん。家族葬を選んだことに満足されていらっしゃるようでした。
Y.T.がおっしゃるように、家族葬の特徴として、

①一般葬よりも安価な形式を選択することができる。
②家族内で流れを決めることができる

ということがあります。

①については、家族葬だから安価というわけではないのですが、安価な形式を実施することもできるということです。
心泉の家族葬の事例(内容と価格)もサイト内でご紹介させていただいておりますが、食事の量や祭壇のお花の量などにより、価格が異なります。詳しくはこちらをご参照ください。
また、家族葬の場合、基本的には家族・親族以外をお招きすることはありませんので、香典の費用なども一般葬とは異なります。

②については、流れをご家族で決めることができるからこそ、結果として「最期の時間を一緒にゆっくり過ごすことができた」とおっしゃる体験者様が多くいらっしゃいます。ただ、葬儀後にご自宅にご挨拶にいらっしゃる方が多く、葬儀後が大変だった、というケースもあります。
一般葬は、参列者の方へのケアなど少し慌ただしく家族との時間をゆっくりとることができなかったという感想をお持ちの方もいらっしゃいます。一方で参拝者の方にも最期あってもらえてよかった、という感想をお持ちの方もいらっしゃいます。

Y.T.さんのお父様のように、ご本人の意思があった場合、故人の意思を尊重していただくとよろしいかと思います。
すでにご退職されていらっしゃったことやご親族も他界されていらっしゃったという状況を踏まえ、家族葬の利点を強く感じていただいたように思います。
また、心泉のお葬式には、家族一般礼葬という形式で、家族葬と一般葬の中間のようなサービスも対応しております。
「人付き合いが多いわけではないけれど、知人もお呼びしたい」という方向けのサービスもご案内しております。

他業者でも、ご希望を担当者とお話しになると、後悔のない葬儀で故人をお見送りできることと思います。

・会場との事前打ち合わせを


「家族葬ということで、事前に調べてたもの正直業者さんの対応や、葬儀自体も貧相になるのでは?と一抹の不安もありましたが、とても丁寧に、親切に対応してくださりました。また費用も思った以上に抑えることができた為、本当にお任せして良かったと思っています。母もとても満足したのか、同じように家族葬がよいといっていました」

とおっしゃるY.T.さん、全般的に満足のいく葬儀ができたとのことでしたが、当日思わぬ数の参列者がいらっしゃったそうです。

「特にトラブルはなかったですが、参列者はいないと思っていたのに、意外にも沢山の方がお見えになってしまい、会場から溢れてしまったことかと思います。私たち以外いなかったので、うまく対応して頂きましたが、会場がすべて埋まっていた場合を考えるとどう対応して頂けるのかとは思いました」

当日思わぬ参列者が、ということもあります。香典返しの用意がなかった、などの状況になることもありますが、そのあたりもきちんと対応できるよう、事前の打ち合わせ時に葬儀社と相談されるとよろしいかと思います。

皆さまの体験エピソードおよび心泉のお葬式の情報がお役に立てば幸いです。

 

 

終活体験談:自作でエンディングノートを作成。遺言書との違いは?

家族葬や永代供養墓、その他終活のご経験者の方々に、体験談を伺いました。
皆さまの体験談を元に、「心泉」のお葬式や永代供養、終活に対する理解も深めて頂ければ幸いです。

今回は、tmnet1021.さん(40代・女性)に終活の体験についてお話を伺いました。
実施されたのは、心泉のお葬式永代供養終活とは異なりますが、サービスのご紹介もしておりますので、体験者様のエピソードとともに皆様の参考になれば幸いです。

・エンディングノートを自作。その項目とは?


市販のノートなどは使用せず、ご自身でエンディングノートを作成し、終活を行ったというtmnet1021.さんにお話を伺いました。まずは、エンディングノートの項目について伺いました。

「自身で作成したノートには、次のことをまとめました」

・個人情報の作成(年金、携帯、PC、保険証、免許証、パスポートなど)
・預貯金のリスト
・銀行口座からのお金の入出金状況
・実印、銀行員などの明細
・財産目録の作成(実家の家、自分の家、保有株、車など)
・借入金、貸出金の有無
・認知した子供や養子の有無
・所有するクレジットカード、会員カードのリストアップ
・各種保険の明細
・親戚、友人、知人のリスト作成
・本人死亡時の対応(葬儀、墓など)

個人情報の管理や財産のまとめ、葬儀や墓についてをおまとめになったようです。
一般的な項目をすべて網羅されていらっしゃるようでした。心泉の終活でご案内しているエンディングノートでは、これらの項目に加え、ご経歴や家族へのメッセージ欄もあります。エンディングノートをこちらからダウンロードいただくこともできます。家族へのラブレター。参考にしてみてくださいね。

・エンディングノートの保管場所は?


「それほど時間はかからないと思っていましたが、やり始めるとかなり時間がかかりました」とおっしゃるtmnet1021.さん。作成までの様子を振り返ってくださいました。

「今まで頭の中ではぼんやりと考えてはいましたが、はっきりこうすると決めていないことが多いのに気づきました。
そのため、私が死んでからの事を想定しながら、その都度、現時点で変更したほうが良いと思うものは変更しながらの作成になりました。作成が終わったら、頭の中がスッキリしました。」

エンディングノートを作成しながら、疑問に思ったこともあるようです。実際にどのようなことを考えたのか伺いました。また、心泉の終活でお伝えしていることを回答例としてお伝えしてみました。

Q1)どこに保管すれば良いのか?
Q2)保管場所は誰に教えるべきなのか?
A1/A2)保管場所は、ご家族にお教えしておくとよろしいかと思います。また、心泉の終活では、永代供養墓やお葬式の購入者の方のものをお預かりすることも可能です。その際はご相談ください。

Q3)変更すべき事があったのに、突然死んだら、どうなるのか?
A3)エンディングノートには決まった書き方はありませんが、更新日を書かれた方が受け取ったご遺族の方は安心されるかもしれませんね。

Q4)遺言書とエンディングノートの使い分けの方法は?
A4)遺言書とエンディングノートの異なる点で一番大きなものは、「法的効力の有無」です。
遺言書には法的効力がありますが、エンディングノートにはありません。
また、遺言書は公正証書遺言および自筆証書遺言があり、必要な費用が異なります。
遺言書には決まった書き方があり、異なる書き方があった場合、無効になる可能性がありますので注意しましょう。

財産の分け方などお金に関する部分は遺言書を選ばれる方が多いです。葬儀や墓について記載することも可能ですが、それらは、エンディングノートで済ます方が多いように感じます。

Q5)作成した時点ではまだ迷って決めかねている項目は、とりあえず空白が良いのか、誰かの判断に託した方がよいのか、無理にでも埋めた方がよいのか?
A5)ご遺族の方が決めにくい事項は意向をお伝えしておいた方がよろしいかと思います。無理に決めなくともよろしいかと思いますが、ご遺族の方が選択しにくい項目もあるかと思いますので、何か思いがある場合はご記載されてはいかがでしょうか。

皆さまの体験エピソードおよび心泉の終活の情報がお役に立てば幸いです。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

直葬体験談:お金をかけずに良いお別れの場を

「心泉」では、家族葬永代供養墓、その他終活のご経験者に、体験談を伺いました。
皆さまの体験談を元に、「心泉」のお葬式や永代供養に対する理解も深めて頂ければ幸いです。

今回は、K.N.さん(60代)に家族葬の体験についてお話を伺いました。
体験内容は、心泉のお葬式・永代供養とは異なりますが、皆様が終活を行う上での参考になれば幸いです。

・入院先からの紹介


入院後、すぐに他界されてしまったお父様の葬儀は、入院先の病院からのご紹介というご縁で依頼されたようです。

「この病院は以前は老人と言う言葉がついていたくらいで、高齢者の入院患者が多いのです。高齢者の場合はある程度予測ができるのでしょう、あまりにも手際のいい現れ方でした」

病院によっては、葬儀社とのつながりがあるところもありますので、急な対応が必要な際は、相談するのも一つの方法です。急に決めないといけないことが多いので、実際依頼をした業者の対応で満足いくものになるか、という点では、ご自身で探されて、一度お話を聞きに行くといい場合もあります。

・葬儀には僧侶呼ばず、親族のみで


「直葬ですから当然僧侶も呼びません。家族だけで執り行って事後報告をしようかとも思ったのですが、と言うのも父も高齢者でしたが姉が2人存命なのです。連絡をしたところで果たして来られるかどうかもわかりません。しかし兄弟です、後で後悔されても取り返しがつきません。やはり形のあるうちに一目あってもらいたい。

しかし自宅に搬送するわけにもいきません、業者に相談すると自社で持っている簡易な葬祭場を提供してくださいました。丸一日使わせて頂きました。結果的には姉二人といとこに当たる人が来てくれました」

最近は僧侶を呼ばない形式の葬儀を行う方もいらっしゃいます。

心泉のお葬式には、直葬に近い、心泉のお別れ葬というものがあります。こちらは、隣接している寺院内に安置させていただく流れになります。僧侶の供養を仏さまの元で一日過ごしていただけるプランになります。

・お金をかけずに良いお別れの場を


「気持ちに素直にやったことがよかったと思います」

そう振り返るK.N.さん。金銭的な問題もあり、直葬を選択されたという理由があったそうです。

「とにかくお金がなかったのです。悪いことは重なるもので、弟の経営している店は経営が悪化。私の主人は失業中でした。業者には正直に相談しました。すると言葉は悪いのですが直葬パックみたいなものがあるのです。30万ほどでしょうか。このくらいなら何とか用意できます。追加で請求がくるのではないかとも思いましたが、そのようなことは一切ありませんでした。良心的な業者さんだったと思います」

直葬の魅力には、安価であるという点があります。心泉のお別れ葬も18万円~。骨壺や火葬場の代金を合わせても20万円以内で行うことが可能です。ただし、火葬場はお住まいの場所により金額が異なります。また、こちらのページでは、心泉のお葬式の事例のご紹介をしておりますので、参考にしてください。

「この内容に親戚から文句の一つも出るかとも思いましたがそんなことはありませんでした。どちらかと言えば丸一日かけてお通夜をやったようなものですよ。せめて食事の提供くらいはしたかったのですが、よくわけがわからなくて。葬儀といっていいのかどうかはわかりませんが、お別れの場としてはいい雰囲気だったと思います。」

<ご案内>
心泉のお葬式のついて、生前予約相談を受け付けております。期間限定で割引券の贈呈も行っておりますので、ぜひこの機会にお問合せ下さい。

永代供養墓体験談:ネットで検索、下見無しで決めました。

「心泉」では、家族葬永代供養墓、その他終活のご経験者に、体験談を伺いました。
皆さまの体験談を元に、「心泉」のお葬式や永代供養に対する理解も深めて頂ければ幸いです。

今回は、S.E.さん(40代)に永代供養墓購入の体験についてお話を伺いました。
体験内容は、心泉のお葬式・永代供養とは異なりますが、皆様が終活を行う上での参考になれば幸いです。

・ネット検索で探した合祀墓

 


インターネットで探し、永代供養墓ポータル NPO法人永代供養推進協会の中から選び、電話連絡して永代供養墓を購入されたS.E.さん。購入のきかっけについて伺いました。

「亡くなった父親が諸事情で本来入る予定であったお墓に入れず、急遽WEBで調べて決めました。決めたお寺は実家から車で30分程の所ですが、母親が入院中でしたのと私自身が遠方の為すべて電話でのやりとりで下見もせずに決めました。費用は永代供養料(納骨後5年後合葬供養)10万円、戒名料・お布施・お塔婆・お食事代を含めて合計20万でした」

・下見は大事だなと痛感しました


納骨とお支払いを同じ日に行ったというS.E.さん。その時のことを教えていただきました。

「お願いした所は住職のお寺から少し離れた場所で、大きな永代供養墓の周りは囲いがなく幹線道路・隣家から丸見えでした。勝手にお寺内にあるものだと思ってましたので、下見は大事だなと痛感しました。到着した旨を電話連絡後すぐに住職が来て、お経後に納骨。支払い等はお寺へ移動して行いました。」

下見なしで決めたことに対して、少し後悔されている点もあったようです。

「選んだ所で本当に良かったのかな?と今でも思ってます。ですが時間・費用等を考え、決めた所しか無かったので、どうする事も出来ません。特にトラブル等は無かったです。ただ、忙しくなるお彼岸の休日にお願いしてしまった為、初めてお会いする住職との会話はあまり出来なかったのが残念です。こちらのお寺に決める前に問い合わせたもう一つのお寺は、HPに費用は志納と表示されており、幾らなら出せるのか?などお金の事しか話さない住職でとても嫌な思いをしました。」

お急ぎの場合は、ご縁に身を任せるのも一つの方法です。
お参りの際は、寺院の方と顔を合わせることもあると思いますので、時間が許す限り時間をかけて気に入った場所に決められるといいですね。

皆さまの参考になれば幸いです。