石川テレビで法句寺のオンライン供養対応、心泉の後葬プランが放映されました。お知らせキャンペーン

石川テレビで法句寺のオンライン供養対応、心泉の後葬プランが放映されました。

石川テレビ(2020年4月16日放映)で、コロナウィルス感染予防の為、来県および来寺を控える方に対し、法句寺が行うオンライン供養の様子および火葬後の葬儀を時期を改め行える後葬プランについて紹介されました。

放映の様子は、yahooニュースに掲載された動画(1:13~)もご覧いただけます。

 

放映の一部を下記ご紹介します。

供養のオンライン対応を行う法句寺、および後葬プランを企画した心泉の丘の様子

僧侶がスマホを近くに配置し、読経する様子を紹介

元々、ご高齢の方で体調不良などにより親族の供養の際に来寺できない場合、オンラインで対応しておりました。
供養のオンライン対応は、今回のコロナウィルス感染拡大防止の為、来寺できない方に向けても対応することにしております。

法句寺に隣接する家族葬用セレモニーホール心泉の様子

火葬後の葬儀を時期を改め施行できる、後葬プランをご紹介いただきました。

※問題のある画像があればご連絡ください。

 

top_mail

phone_tel_banner

テレビ金沢の五木寛之さんの番組にて

北方心泉の書をキッカケに仏教に触れて頂く、書のワークショップ「しんせんあーと」がテレビ金沢から取材を受けました。今月6月8日の3時45分からと13日の11時40分からの五木寛之さんの番組にて放映されました。

shinsenart3
shinsenart2

shinsenart1

心泉の丘では、北方心泉の書を用いたワークショップを行なっております。
書を通じてご自身と向き合うきっかけになれば幸いです。

 

毎日新聞朝刊で「心泉の墓じまい」が掲載されました。

先日毎日新聞朝刊で、弊社の「墓じまい」に関するアンケートと永代供養墓・心泉が紹介されました。本調査は、他新聞でも取り上げていただきました。「墓じまい」に関して意識されていらっしゃる方が増えていることを感じております。

同新聞のWEB版でも掲載いただいております。

 

毎日新聞20180514

「墓じまい」は必要に迫られ行う方が多くいらっしゃいますが、心泉の丘では寺院との連携により、供養の過程を大切にし、「墓じまい」を行う方の先祖、行う方のお気持ち面を考慮した対応をさせて頂くよう尽力しております。

中日新聞朝刊で「心泉の墓じまい」が掲載されました。

昨日の中日新聞朝刊で、弊社の「墓じまい」に関するアンケート調査が掲載されました。 本調査々に関する掲載は、3月21日の北國新聞に続き2記事目になります。

中日新聞20180324

メディアからの注目度も感じますが、利用者の方々からの問い合わせ数増加を考えても、お墓の後継者不足、という現象が加速化しているように感じます。

また、それに伴う、「墓じまい」関連サービスも年々増えてきています。インターネット上で検索できる墓じまいのサービスは、ネット企業が企画し、地元でこれまで対応してきた企業がネット企業の商品内容や価格に合わせサービスを提供する形式が多くあります。なのでどちらにしろ、経験豊かな地元業者に依頼できるか否かが安心できる墓じまいを行う上で大切になってきます。

弊社は、お墓の改装ではなく、永代供養墓のご案内をしておりますが、石材店の紹介や見積もりのサポートも行っております。 ご利用者の要望に沿ったお手伝いをさせていただいておりますので、「墓じまい」を検討されていらっしゃる方は、まずはご相談いただければと思います。

北國新聞朝刊で「心泉の墓じまい」が掲載されました。

昨日の北國新聞朝刊で、弊社の「墓じまい」に関するアンケート調査が掲載されました。

年々、弊社への問い合わせが増えている「墓じまい」の相談ですが、実際担当させていただいた方々には「ほっとした」というお言葉を頂戴しております。
北國新聞20180321
「正直、先祖に申し訳ない」とも思っていた、という声もある「墓じまい」。弊社では寺院との連携のもと、きちんとした供養を形にすることで、先代はもとより、今までお墓を守って来られた方に安心頂きたいと重ております。そして、費用面もご依頼者の方に納得いただけるよう、明確に表示させていただいております。
もともとあるお墓の取り壊しについては、石材店への見積もりを代行させて頂く相談もできますので、お気軽にご連絡ください。

永代供養墓 心泉での墓じまいが、中日新聞に紹介されました。

先日、永代供養墓・心泉で墓じまいをされた方の事例が、中日新聞で紹介されました。

 

永代供養墓・心泉での墓じまいについてのお問合せ数が近年増え続けています。
北陸初の永代供養墓として建立された平成9年ごろは、新しいお墓を購入する代わりに、と墓の後継がいない方がご自身やパートナーの為にご利用されるケースが多数でした。

それが、ここ2〜3年の間に、墓じまいを目的とした問い合わせが増加し、ご利用者も増えました。
中日新聞の記事では、永代供養墓・心泉へのお墓のお引越しをされた方を事例としてご紹介頂いております。

墓じまいをすることに、最初は後ろめたさを感じる、とご相談される方もいらっしゃいますが、継続して供養していける環境が整うと、多くの方が「肩の荷がおりた」と安堵されます。後継がいないお墓を放置することよりも、供養される状況を整えることができたことに安心されるようです。

心泉の丘では、引き続きみなさまが安心できる供養をサポートしていきたいと考えています。
お気軽にご相談、お問合せください。

top_mail

幸せのかたち9月号・掲載ページのご案内

石川・金沢の無料シニアマガジン「幸せのかたち2017年9月号」で心泉の新しいサービス「追加料金なしの家族葬(一日葬)と永代供養墓」が紹介されています。価格は45万円(通常45.5万)です。

専門知識を持つ、弊社の担当スタッフに葬儀やお墓について生前相談いただくことも可能です。
心泉のサービスは、葬儀からお墓、そして供養までの全てをご相談、ご提供できる点です。
真宗大谷派の寺院が隣接されていますので、読経対応もご予約もいただけます。

2017年9月号幸せのかたち掲載記事

2017年9月号幸せのかたち掲載記事

幸せのかたち2017年9月号掲載ページ幸せのかたち2017年9月号掲載ページ幸せのかたち2017年9月号掲載ページ

詳しくは、「幸せのかたち2017年9月号」をご確認ください。