終活お知らせキャンペーン

終活相談:大量の所有物を抱える祖母。遺品整理は業者に依頼するべきでしょうか。

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、K.K.さん(30代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

K.K.さんは、おばあ様のお家の整理についてお悩みのようです。

”実家に一人住まいの祖母がおります。両親とは関係性が悪く、祖母は孫の私に亡くなった時のことを頼んできます。もちろん助けにできる部分があればと思いつつも、離れて過ごしている祖母が亡くなった時のことを今から考えております。一番気がかりなのは、大量にある荷物です。業者に頼むことも考えておりますが、メリットやデメリットがよくわかりません”

断捨離ブームといえども、それは若い世代のことだけかもしれませんね。ご高齢の方は思い出の品を大事にとっていることが多いですよね。そのお気持ちを尊重しながらも、先の備えを少し考えておいてもいいかもしれません。

今回は、心泉の終活でもご紹介しております遺品整理の会社の方に、遺品整理を業者に頼むべきか検討するためのポイントを伺いました。

業者に頼むメリットは主に4つあります。

①気持ちの整理ができず捨てられない場合

ご自身や身内の方で遺品整理をすると、思い出がよみがえり手が止まってしまい、遺品に気持ちが移ってしまい整理が出来まないことが多いです。結局手つかず、とならないように第三者と一緒に整理することでスムーズに遺品整理ができます。

②大量の家具や衣類の整理

遺品が多い場合、ご自身や身内の方で整理をするのは、非現実的なこともあります。特に、家具類の搬出や処分には時間もお金もかかります。他の整理と合わせて専門業者に依頼することも一つです。

③粗大ごみのルール

遺品を処分にも、各市町村の分別のルールがあります。一般的なところだけでも、可燃・不燃・家電リサイクルなどですが、離れて暮らしていた地方のルールなど、一つ一つ調べるだけでも時間がかかります。専門業者であれば、そのあたりのルールもしっかり確認してくれます。

④魂抜きなど専門的な対応

仏壇・神棚処分などをお持ちの高齢者も多いのではないでしょうか。魂抜きが必要な遺品は特別な方が対応することが多いので、そのあたりはお任せする必要がありそうです。

第三者に遺品整理をお任せした方が、未練がある遺品にあきらめがつき、気持ちの整理がきちんと出来るというメリットがあるようです。

心泉の終活では、専門業者もご紹介いたします。お気軽にお問合せ下さい。

終活相談:熱心に終活する両親、詐欺に合わないか心配です。

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。

今回は、S.U.(20代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

S.U.さんは、熱心に終活に励んでいらっしゃるご両親が、終活関連の悪質な業者に合わないかを心配されていらっしゃるようでした。

“60代前半の父と母が終活に取り組むようになって、一年と少しが経ちます。特に、老後の具体的な人生設計や、お墓の購入について興味を持っているようで、夫婦揃って各会社の説明を聞きに行くことが増えました。余計なお世話かもしれませんが、定年から数年が経ち、世間との交流が少なくなっているということもあり、終活に伴う詐欺などに合わないか、とても心配です。危険な目に合わないように、子供の立場から、どのようなアドバイスをすれば良いでしょうか”

こちらの質問について、赤坂野村総合法律事務所 パートナー弁護士の堤先生にお話を伺いました。

おばあちゃん

1.自分は大丈夫、自分は騙されない、高いプライドを持つ人ほど危ない

「近年、ご結婚などをされないライフスタイルをお送りになる方も多くなってきたこともあり、高齢者は人生経験豊かな為、自分は大丈夫自分は騙されない、という方が多くなっています」と堤先生。

悪質な業者はその油断を突いてくるところもあるそうです。家族など周囲の「見守り・気づき」が大事とはよく言われますが、常に見張っていることはできません。結局は、ご本人たちがご自身で防衛してもらうしかないのです。

それでも、子どもとしてできることは何?と思う方も多いでしょう。

「ご両親に、終活詐欺の手口・特徴具体的な予防策を教えて防衛意識を高めさせつつ、親の様子を見守って詐欺の予兆に気づいてあげることが大切です」と先生。さらに具体的な注意点について聞いてみました。

2.終活詐欺の手口・特徴とは?

悪質な業者は、どのように接触してくるのでしょうか?

「一般的には、セミナーの開催やポスティング、自宅訪問などを通じて接触してくることがおおいです。そして、カウンセリングを通じて信頼関係構築しつつ資産状況調査し、信頼を得たところで、不当に高額な契約・不要な契約を次々結ばされ、資産を吸い取っていくのです。」

接触の手口は、一般的な企業とさほど変わらない点もありそうです。不当・不要な契約の話が発足した際は、慎重にならないといけませんね。

では、具体的に、どのような分野で不当・不要な請求をしてくるのでしょうか。

「不要なリフォーム工事・太陽光パネル工事、不当に高額な墓、葬儀、高齢者施設利用契約など多岐にわたります。」

家のリフォームやお墓の準備、葬儀の準備などの中には、本当に必要な分野もあるかと思います。その場合は、信頼できる企業、寺院であるかをきちんと調べる必要があります。

心泉の終の場合は、過去信頼できる取引をさせていただいた業者のみをご紹介しております。また、永代供養墓を運営する法句寺は、歴史ある寺院である点など、皆さまに信頼いただいております。

3.終活詐欺の手口と被害防止の7か条

中には財産管理契約を結ばせ、資産を好き勝手に処分してしまう業者もおり、高齢者はプライドが邪魔してしまい、周囲に相談できず被害発覚が遅れてしまう傾向があるといいます。

また、一度だまし取られてしまうと回収はほぼ不可能だとか。どのように予防したらいいのか具体的施策を聞いてみました。

①セミナー主催者など業者名をインターネットで検索する

住所はきちんと掲載されているか、現場にスタッフはいるか、電話にはきちんと応対するか、公開されている活動は掲載されているか、メディアなどに掲載されているか、代表者の名前・経歴は公開されているか、など確認してみましょう。

②サービス内容の説明、契約内容の説明はきちんと書面してくれるか

堤先生曰く、「書面化を嫌がる業者は悪質業者と思ってください」とのこと。企業姿勢もきちんと確認しましょう。

③一人で決めない

家族や友人など信頼できる人に相談しながら実施しましょう

④即決しない

まずは、見積もりをとり、すぐに現金払いしないように気を付けましょう。なんと、詐欺被害の9割が現金即時払いだそうです。

⑤不安を感じたら消費者センターに相談を

少しでも疑問を感じたら家族・最寄りの消費生活センターなどに相談

⑥あらかじめ任意後見契約を結んでおく

判断能力が落ちたときに備えて任意後見契約を結ぶことも大切です。

⓻電話に自動通話録音装置を取り付けておく

いざという時のために備えて、録音しておくことも必要です。

4.家族ができる詐欺防止4か条

周囲が詐欺の予兆に気づく為に注意するポイントについても聞いてみました。

①自宅内に見慣れないパンフレットや書類がないか

②親が誰かと頻繁に電話していないか

③パソコンの検索履歴

④親に痴ほうらしき症状が出ていないか(出てきたら早めに病院へ)

「予防策は一例。だまし取られたらまず返ってこない。事前予防が大事。」とのこと。周囲とのコミュニケーションを大切にしましょうね。

心泉の終活では、信頼できる士業の紹介、業者の紹介を行っております。相続問題、お墓・お葬式の検討はお気軽にご相談ください。

終活相談:遺品整理をどのようにしたら後悔することが無いか悩んでいます。

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。今回は、S.S.(40代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

S.S.さんは、お父様の遺品についてお悩みのようです。

”亡くなって数か月経ちますが、遺品整理をどのようにしたら後悔することが無いか悩んでいて全くの手つかずな状態です。母が亡くなったときは父と二人でどんどん整理をし、数着の服とよく身に着けていたものだけにしました。でも、その時はまだ父が生きていたのでできたことだと感じています。両親ともに亡くなってしまった今、どこまで整理し、どこまで手元に残したら後悔をしないで済むのかと非常に悩んでいます。私はそれを大事にできても、私が亡き後その遺品がどうなるのかを考えると多く残すことが正解とも思えません。使えるものはリサイクルショップなどに持ち込みも考えていますが、遺品、思い出の品はどのくらい手元に残せば良いのでしょうか。またどの様なものを残せば良いのでしょうか。整理した後にはもう手元に戻らないと思うと、後悔をしたくありません”

1109ブログ

お亡くなりなった後、気持ちの整理をするのはもちろんですが、遺品の整理も考える方は多いのではないでしょうか。故人の面影を残したいという想いで、そのままにしてしまうと、また更に後始末に時間がかかりますよね。かといっても直ぐ処分するのも後悔しそう。

1.時期と気持ちでまずは整理をしましょう。

①緊急性のあるもの(すぐに処分しなければならない・した方がいいもの)と②緊急性のないもの(しばらく処分しなくともいいもの)。まずは、その2つに整理してはいかがでしょうか。

すぐに処分しなければならないものは、(A)相続税などお金に関係してくるものB)引っ越しなど物理的な制限に関連してくるもの、の2つがあります。(B)はお金に関係してくるものでもあります。

次に、処分しなくともいいもの、については、(a)手放してもいいと思うもの(b)直ぐには手放したくないもの に整理し、手放してもいいものについては、整理をしておきましょう。

2.手放すタイミングは49日をめどに。

納骨のタイミングでもある49日をめどにまずは遺品の整理をされてはいかがでしょうか。その時期に親族の方も集まるのであれば、まだ使えるものなどは、希望者にお渡ししてもいいかもしれません。時期を区切ることで、一度タイミングがつかめるはずです。

S.S.さんのおっしゃる通り、リサイクルショップにもっていくのもとてもいいと思います。一軒屋分、というように、あまりに遺品の量が多い場合は、専門の業者に依頼することも可能です。料金がかかってくることなので、必要な場合は、一度見積もりを取ってから考えることもできます。

3.思い出の品は撮影し写真でまずは保管を。

形見にしたいものは、無理に処分する必要はありません。思い出に残っている遺品ですと、なかなか手放せるものではありませんよね。とはいえ、ご自身の後のことを考えると、残しておくことで負担になる事も。そこでおすすめなのは、思い出の品を写真に撮って、しばらく取っておきたいものとそうでないものを整理しながら、写真と共に一度保管することです。気持ちが落ち着いてきたタイミングで、少しずつ遺品の量を減らしていきましょう。写真はデジタル化されていれば、データとして保管しておきましょう。手放した後でも、絵でみることで、気持ちが落ち着くこともあります。ゆくゆくは、本当に大切なものを段ボール1つ分にする、など決めてしまうというのも一つの方法です。

ご自身のお住まいの場所に広さにもよりけりかと思いますので、まずは最終的な量の目途をご自身で設定されてはいかがでしょうか。

4.エンディングノートや遺言書作成を

換金が可能な宝石類などの遺品が多い方の場合は、残された家族間で揉め事にならないよう、ご本人が元気なうちに、鑑定などに出し、詳細をエンディングノートなどにまとめておくことをおすすめします。具体的には宝石や骨董品などの部類です。

公正証書までの遺言書に記載しなくとも、エンディングノートなどにまとめておくだけでも、残された人たちの間でのトラブルを避けるのに役に立つこともあります。

まずは、家族間のコミュニケーションをしっかり取り、亡くなった後の処分について事前に計画建てをされることをおすすめします。

心泉のエンディングノートの項目では、「7.財産について(遺言書)」が該当します。これらについては、事前にご本人とまとめておくことをおすすめします。

●遺言書の種類 保管場所(自筆証書遺言書/公正証書遺言書/秘密証書遺言書)

●書類などの保管場所(不動産/預金/現金/株式・証券・投資信託/ゴルフ会員権など権利書/クレジットカード/借入金/生命保険/年金保険/葬儀保険*/障害保険/火災保険/税金関係/形見分け)

心泉の丘では、終活に関する無料相談も行っております。お気軽にお問合せ下さい。

終活相談:できる限り、死亡後のトラブルを避けたい。何を優先して話し合うべき?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。今回は、D.O.(20代・男性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

”いざ本人が亡くなった時に、お葬式のための費用や死亡の連絡などやらなければいけないことがとても多いと思うが、総費用としてどの程度を見込めばよいのか知りたいです。また、相続に際しては、司法書士などの専門家に依頼するべきなのかどうかも知りたい。できる限り、死亡後のトラブルを避けたいと考えているが、何を優先的に話し合っておくべきなのか。具体的な事例と併せて、優先するべき事をリスト化してくれると、非常にありがたいと思う”

エンディングノート

D.O.さんは、まだ20代の方ですが、祖父母の事を考え、事前に準備をされたいとのことでした。終活について、まだ取り組んだことが無い方が、まず行うと良いことからお答えしていきたいと思います。

1.まずはエンディングのートの作成を

質問を拝見するに、「死後のトラブルを避けたい」というのが一番のお気持ちであるように思います。近年、エンディングノートを作成される方が増えてきました。まずは、ご本人と一緒に、エンディングノートの作成をされることで、何が必要になってくるのかを明確にされてはいかがでしょうか。そのうえで、専門家に必要な部分を相談されてはいかがかと思います。

エンディングノートのサンプル(今回は心泉のエンディングノートを参考にしています)を見て頂くと、具体的な項目がリストアップされています。

1.わたしの生い立ち・思い出の記録

2.家系図・家訓(伝えておきたいこと)

3.お墓・納骨・埋葬について

4.希望する葬儀について

5.医療・介護について

6.セカンドライフ/終の棲家

7.財産について/遺言書

8.後見について

9.もしものときの連絡先

10.メッセージ/伝えたいこと

この中でも特に「3.お墓・納骨・埋葬について」「4.希望する葬儀について」「7.財産について/遺言書」「8.後見について」について良くお話しされておくと、いざお亡くなりになった際も故人の想いを引き継いだ対応ができることと思います。

2.終活も無料から有料まで様々です

エンディングノートには、ネット上にある無料のものから本屋さんにある有料のものもあり、エンディングノートを作成するにあたっても、終活カウンセラーと呼ばれる方のアドバイスや相続診断士の免許をお持ちの方からのアドバイスを受けながら行うなど形式も様々です。市のセミナーなどでも無料で配られることもあります。

一般的に、無料対応の場合は、他のサービス(保険、葬儀、相続)など、有料であるサービスのご案内をされる方が多く、一般的な質問やアドバイスは無料で請け負っていらっしゃることがあります。カウンセリングが有料の場合は、ご案内する有料サービスが無い代わり、中立的なアドバイスをされる方もいらっしゃいます。その背景を理解された上で、アドバイスを終活カウンセラーや相続診断士の方に求められてはいかがかと思います。

3.葬儀の費用は内容と葬儀社で大きく異なります

ご本人がお亡くなりになる前に、葬儀社へのヒアリングを行うことをおすすめします。葬儀社や葬儀内容により、費用は大きく異なります。また、互助会に入会されている場合、会員価格の提示などなされていることもありますが、互助会を解約し、他の葬儀社に依頼することも可能です。互助会の退会費を含めても、総費用が低くなることもあります。葬儀社によっては、互助会の解約を代行してくれることもありますので、確認してみましょう。

葬儀費用は、家族葬にするか、一般葬にするかで、合計金額が変わるとともに、一般葬儀の場合は、香典で賄える部分もありますので、自己負担額が異なってきます。

平成26年に日本消費者協会の発表によると、一般葬の総額は、188万9千円だったそうです。内訳は下記の通りです。

(単位:万円)

・通夜からの飲食接待費 33.9

・寺院への費用(お経、戒名、お布施) 44.6

・葬儀一式費用 122.2

・葬儀費用の合計 188.9

注:各項目の金額は平均額で、上から3項目目までの合計と葬儀費用の合計とは一致しない。

<日本消費者協会「第10回『葬儀についてのアンケート調査』報告書」/2014年>

葬儀一式費用については、形式によって様々です。心泉の家族葬の事例は、心泉のホームぺ―ジ・お値段と内容に掲載がありますので、ご興味のある方はご参照ください。上記が一般的な価格だとした場合、安価でのご案内となっていると思います。

また、心泉のお葬式の場合、法句寺が担当することが多いのですが、”寺院への費用(お経、戒名、お布施)”は下記でご案内しております。法名(戒名)の院号については、追加で浄土真宗大谷派東本願寺への申請費(8万円)が必要となります。

・お通夜、葬儀、火葬、中陰、法名 ¥100,000

・葬儀、火葬、法名 ¥50,000

・火葬、法名(安置・直葬プランの場合)  ¥30,000

4.専門家に相続関係を依頼するべきかの判断

相続については、本当にケースバイケースであえることが多いもので、一概にどの専門家に依頼するべきかということが言えませんが、相続における知識を持つ、相続診断士などに相談した上で、各々の相談者をご紹介頂くようなプロセスを踏むことはできます。また、最近ですと、税理士事務所や行政書士事務所などでも各士業と連携し、相談にのって頂くことは可能です。生前に相談することで、事前の対策をしておくこともできますので、一度無料相談などを行っている専門家に問合せてみてはいかがでしょうか。

その場合も、まずは「エンディングノート」を作成してから相談に行くとスムーズにお話が進むと思います。前持った準備が大切です。心泉の終活では、相続診断士の資格をもつ僧侶が作成をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

[2016法語カレンダー・プレゼント企画]終活体験談・募集!

心泉のお葬式・永代供養では、皆様の終活体験談を募集しております。
本ホームページや公式Facebookページ「心泉」にてご紹介させて頂きます。
もちろん、心泉のお葬式・永代供養に関係する体験でなくて結構です。

2016年1月31日(日)までにご応募頂いた方から、抽選で10名様に、
「法語カレンダー2016年版」を贈呈します!ご応募お待ちしております。詳細は、下記ご覧ください。

151204カレンダー2016

▽アンケートの目的・概要
■石川県金沢市にて、家族葬と永代供養のご案内を行っている「心泉の丘」のサイトの新設ページ、ブログ等に掲載するお葬式(家族葬)と永代供養(墓じまい)、終活(相続対策)の体験談を募集致します。

新設のページ、ブログでは、頂いた体験談に対して、専門家からのコメント付きで掲載されます。
専門家からのコメントは事前に共有されない旨予めご了承ください。

▽アンケートの対象
■お葬式(家族葬・直葬)と永代供養(墓じまい)、終活(相続対策)の経験者、もしくはご家族の方からのご応募を頂ければ幸いです。
ヒアリング項目
①行ったこと
②業者の選定方法
③実際に行った概要
④感想
⑤困ったこと・疑問に思ったこと
※③④⑤はそれぞれ150-200文字程度でお願いします。
⑥ウェブ上でのイニシャルと年齢、性別

過去にご応募頂いた方でも過去のご応募とは異なる内容であれば、いくつでもご応募いただけます。
下記応募フォームを入力し、「応募」ボタンを押してくださいね。


[2016法語カレンダー・プレゼント企画]終活体験談・募集!

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

IT終活!?SNSやブログのアカウントは残したい!?

日本経済新聞のオンラインニュースでIT終活の記事を拝見しました。

SNS

20代の3割 「死後もSNSやブログを残してほしい」 ネット調査から

 

 

「すべて削除してほしい」という方が46.4%、

「ネット上に残し、自分のことを思い出す頼りにしてほしい」と答えた方が19.2%ほどいらっしゃったそうです。

 

SNSなどのアカウントをお持ちの方を対象とした、”IT終活”というものも一般的になってくるのかもしれませんね。

 

心泉の終活では、エンディングノートを書くことで、大切なことを残された方にお伝えできる準備を行うとともに

今後楽しみたいことなども整理し、安心して楽しい生活を送るためのサポートをしています。

 

もちろん、お墓のことやお葬式のことも含まれます。

の中には、新しいお墓を建てたいという方から、永代供養墓に入りたい、という方まで様々ですし

お葬式も、一般葬がいいという方もいれば、家族葬がいいとお思いの方もいらっしゃいます。

 

大切なのは、想いを残して伝えておくこと、と想い

一緒に考えながらエンディングノートを書いていただくことが多いです。

 

 

相続診断士の資格を持ち、僧侶としても皆さんの声を聞くよう、心がけています。

心泉の丘は、金沢の兼六園近くにあります。

ご興味のある方は、お気軽にこちらからお問合せくださいね。

 

※写真素材:Freepik.com

 

 

終活カフェから墓友まで。多様化する終活の方法。

オンラインの産経ニュースにこのような記事がありました。

「墓友」づくりが活発に 「終活」語り合う場増加中 「終活カフェ」も弊社でご案内している永代供養墓から納骨堂(心泉では、納骨安置所)、樹木葬や散骨まで多様化しているお墓の在り方について書かれていました。

 

家族の在り方が変わるとともに多様化するお墓の在り方。

大切なのは、ご自身で考えること、かもしれません。その為に、お友達やその道の専門家。そして、お寺さんなどに相談しながら、ご自身の希望をまとめていく、というプロセスはとても大事だと考えております。

 

心泉では、寺の僧侶、お葬式のプロ、行政書士さん(後見人制度などの相談が可能です)など

多様な専門家と提携するとともに、心泉会の活動を行うことで、横のつながりをもっていただき、気軽に話し合えるコミュニティを提案してきました。

 

エンディングノートより気軽に終活ができるよう、これからも新しい形式を追い求めていこうと思います。

終活に興味のある方は、エンディングノートの作成から取り掛かってみてもらえたらうれしいです。

エンディングノート・無料テンプレートがありますので、ぜひご活用ください。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

ブログオープン

ブログをオープンしました。永代供養墓やお葬式のこと、弊社が提携しているお寺での出来事などをお届けしたいと思います。

更新は不定期ですが、どうぞよろしくお願いします。