終活お知らせキャンペーン

エンディングノートは、なぜ最後まで書けないのか?

エンディングノートをご存知ですか?

聞いたことがあるよ、という人はたくさんいらっしゃいますよね。でも、ちゃんと書いてますよ、という人は意外に少ないのではないでしょうか。そして、終活の一環として書いてみようとチャレンジしてみたけれど、途中で挫折してしまった人は、書いた人の何倍もおられるはずです。

終活の一環としてのエンディングノート作成に、なぜ挫折してしまったのでしょうか。どうすればエンディングノートをちゃんと最後まで書けるようになるのでしょうか。そこのところを、解明してみたいと思います。

終活の原点。初めてメディアで綴られたこと

そもそもエンディングノートが世間で認知されるようになったのは、終活という言葉が広まってからだと思われます。終活という言葉は、2009年に雑誌の記事タイトルに初めて登場した言葉です。まだ10年足らずの歴史しかない言葉ですが、そのときの終活という言葉の意味は、現在ずいぶんと広く捉えられるようになっています。

終活という言葉を初めて使った雑誌の記事は、個人の趣味を反映したお墓を作る人が増えているという内容でした。つまり人生の終わりに向けて、積極的に自分の希望や考えを反映していきましょうという、非常にポジティブな内容だったのです。

終活の意味が広がり、ネガティブな側面も

ところがその後、終活のポジティブな内容に、残された人に迷惑をかけないように、というネガティブな内容が加えられていくのです。残された人に迷惑をかけないよう、お友達の名前や連絡先をまとめておきましょう。どこの銀行に預貯金があるのか、まとめておきましょうなどと、残された家族が相続をスムーズに行えるような内容の比重が高まっていくのです。

確かに、そういうことは大事かもしれません。昔と違って、夫婦単位で暮らすことが多くなり、親と離れて暮らすことが圧倒的に多いからです。昔は、親と一緒に暮らす子ども夫婦がたくさんいたので、何かあっても、分かってくれる人が傍にいるから安心できたのです。今は何かあったとき、子ども夫婦は何も分からないので、相続手続きの負担は非常に重くなってしまいました。

そこで、残された家族の負担を軽減するための内容が、終活に盛り込まれてしまったのでしょう。時代の流れとして、やむを得ないとは思います。

しかしその結果、終活の一環としてのエンディングノートに書き記す内容は、義務的な事柄が中心となりました。書き綴ることに楽しみを持てなくなったのです。書いていて、ちっとも楽しくないとなると、だんだん書くことが面倒になります。このようなエンディングノート作成に途中で挫折するというのは、責められることではありません。

終活の原点回帰

では、どうすればエンディングノートを楽しく最後まで書き綴ることができるのでしょうか。その答えは、終活のスタートに立ち返ることです。そこには、人生の最後まで自分の趣味や考えを反映させるという前向きな、ポジティブな発想があったはずなのです。終活の原点に戻れば、エンディングノートを最後まで書き綴ることができるでしょう。

そこで提案です。終活というのは、お終いまで活動するという意味に捉え直してしまいましょう。お墓に入るまで活動し続けるのです。活動し続けるとは、自分の考えを反映させるということです。自分の意志を反映させるのです。

元気なうちに何をしたいのか、ぜひそれを計画してください。実行日までにどんな準備をいつまでにするのか、その費用はどうやって用意するのか。計画を立てましょう。

病気になったら、どのような治療を望むのか、施設に入るならばどのような施設がよいのか、葬儀をするならどのような葬儀がいいのか、葬送はどうやってもらいたいのか、めんどうをみてもらうようになったならば、どのように世話をしてもらいたいのか、その費用はどこにどれだけ用意できているのか、という自分の意志をエンディングノートに書き綴るのです。

書いている内容だけをみると、今までと大差はないかもしれませんが、書いている自分の気持ちは全く違うはずです。なぜなら残される家族のために書いていないからです。そこには義務感がありません。自分のために書いているのですから、楽しくてしょうがないはずです。あれしたいこれしたいという、夢を書き綴っているからなのです。

自分のためにエンディングノートを作りましょう

終活もエンディングノートも、自分の意志を尊重しましょう。誰かのためではなく、自分のためにわがままを書き綴りましょう。そして、実行するのです。やりたいことがあれば、いつまでも元気でいられます。

夢を書き綴るエンディングノートならば、必ず最後まで書けるはずです。是非、チャレンジしてみてください。心泉の丘のホームページでも、無料で心泉のエンディングノートがダウンロードできます。ぜひご活用ください。

心泉の永代供養墓

心泉の家族葬
心泉の一日葬と永代供養墓セット

 

 

終活相談:両親のお墓の管理

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、E.I.さん(40代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

E.I.さんから、「両親のお墓の管理」ついてご相談いただきました。

“両親それぞれに菩提寺と代々のお墓があり、他に若くして亡くなった母のために父が建てた母個人のお墓があります。主人の実家は寺院で墓地も管理しているため、主人は将来は一緒にそこへ入ろうと言っています。特に異論はなくそれが自然だとも思っていますが、母親のお墓が今後どうなるのかと考えると何だかかわいそうな気持ちがしてくるのです。

現段階で父親は存命ですが、父が将来どのお墓に入りたいのかという希望は聞いていません。もしも母と一緒のお墓に入るとなれば、私は一人っ子のため管理できるのは自分だけです。それであればやはり、私も父母と同じ墓に入る方が良いのでしょうか。

法的に何らかの縛りがあるのか等も分からず不勉強の極みなのですが、なんとか波風立てずにうまく母親の墓を維持管理していくにはどうするのがベストなのでしょうか。”      

ご相談者のE.I.さんは、ご両親のお墓を守っていく立場の方ということ。現在お母さまの個人のお墓があり、お父様のお墓も今後検討していく必要があるようです。そして、ご主人は、ご実家のお墓に入られるとのこと、E.I.様も同じお墓に入ることが想定されます。

お父様が長男であった場合、その家のお墓に入ることが一般的ですが、そうでなかった場合、新しいお墓を作られることが考えられます。ただ、すでにお母さまの個人のお墓があるとのこと、お母さまのお墓に一緒に入られるということもできますね。

質問を拝見する限り、E.I.様のご主人は長男なのかもしれませんね。E.I.様のお子様がその場合、E.I.様のご両親とE.I.様ご夫婦のお墓両方を見ていく必要があるかと思います。

まずは、E.I.様が、ご両親のお墓をどのように管理されていきたいかを確認し、次の世代、つまりは、E.I.様のお子様方がどのようにされていきたいかも考慮する必要があります。もちろん、E.I.様のお父様のご意向も聞いてみましょう。

近年の傾向としては、E.I.様のように一人っ子の方は特に、近年墓じまいをされるケースが増えてきました。E.I.様のお子様が皆さまのお墓を管理していくことができないとなれば、お墓を守っていく人がいなくなり、いずれは無縁仏になる可能性が高くあります。

法的にはお母さまのお墓を墓じまいされることへの規制はありません。お母さまのお墓を墓じまいされ、お父様と一緒に永代供養墓などに入られれば、ご遺族の方への負担が減るということも考えられます。

そのような方法もあることを、考えられてはいかがでしょうか。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

終活相談:家族の資産管理

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、Y.H.さん(40代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

Y.H.さんから、「家族の資産管理」ついてご相談いただきました。

“友人の父が数年前に脳梗塞で突然亡くなりなした。母親は痴呆が少々入っていたため、金銭管理はすべて父親が行っていたそうです。お葬式は葬儀社との相談でどうにかなったものの、相続どころか総資産についてもわからず、銀行へ問い合わせても本人の死亡を証明する書類と妻である母親に来てもらわなければ手続きできないと言われて手続きがかなり難航したと言っていました。

友人のように家族が突然死した場合にどうそなえておくべきでしょうか。両親には縁起が悪いけど、資産をどう管理しているかなど、私たち兄弟にわかるようにして欲しいと伝えてあるのですが、今の所は保管場所を聞いている程度です。”

銀行の口座は、亡くなった直後にすぐに凍結されるということはないのですが、お悔やみ欄での告知や親族の方などからの連絡を銀行の方が受けた後凍結されてしまいます。凍結されてしまうと、親族の方でも預金を引き出すのは大変難しくなってしまいます。

そうなってしまう前に、葬儀代の手配などをしておけるとベストではありますが、突然死となると、なかなかそういうわけにはいきません。

最近では終活の一環として、エンディングノートに資産関係をまとめる方も増えてきました。随時情報をアップデートしていくことは必要ですが、いざというときに役に立つことと思います。まずは、エンディングノートの作成から始められてはいかがでしょうか。

 

 

終活相談:お墓の場所は何を優先して考えるべき?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。

今回は、mocomamaさん(50代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。
mocomamaさんは、ご自身とお母様のお墓について検討中のようです。

”私は50歳で現在は二人の子供と主人、現在80歳の実母(私は母しかおりません)と暮らしております。母親は私が2歳の時に離婚し再婚しておりません。母親の田舎は北海道です。北海道の先祖代々のお墓には入れませんよね?

また、私もお墓参りを考えると最寄りの交通の便が良いところにお墓を、と思っております。(現在の持ち家を変えたとしても交通の便が良いところを選んでおくべきかと思っております)

また、私も子供の手が離れたら主人とは離婚を考えておりますので、母親と同じお墓にと思っております。その場合、子供達もお墓参りに来やすい(来て欲しいので)場所を第一に考えておくべきかと思っておりますが・・

素人考えですので、このような場合のお墓の場所は何を第一に考えて探すべきか知りたいところです。”

お母様が田舎のお墓に入れるか入れないか、ということですが、お母様の兄弟構成も関係してくるのが一般的です。長男など家を継いでいらっしゃり、その方が、そのお墓に入るのが一般的ではあります。家を継いでいらっしゃる方とそのご家族の方の同意があれば、可能性もあるかもしれませんね。ただ、一般的ではないかと思います。

また、ご自身のお墓ですが、お子様のことを考えての選択肢を選ばれる方が増えているように思います。管理費などの負担を子供達にかけたくない。お墓参りの手間をかけさせたくない、などの理由をお持ちの方もいらっしゃいます。お参りに来てほしいとのお気持ちがあれば、お子様達の希望も伺ってはいかがでしょうか。

まずはご利用されるご自身の気持ちをまとめ、そのうえでお子様とお話しされるとよろしいかと思います。

一般的な選択肢としては、①お墓を守る家族の場所 ②好きな場所 ③代々のゆかりのある場所 等がありますが、これでなければならない、ということが決まっているわけではないので、お話合いが出来るとよろしいかと思います。

 

終活相談:終活はいつから始めるべきですか?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、S.Y.さん(30代・男性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

S.Y.さんから、「終活を始める時期」ついてご相談いただきました。

“自分はまだ若いのですが、30代や40代の内から終活の事を考えはじめるのは早すぎておかしいのでしょうか?早すぎるとしたら何歳くらいからそういう事に対する行動をスタートし始めるのは客観的に見ておかしくないのでしょうか?反対に若い内から考えはじめるのは早すぎないとしたら、若い内に出来ることといったら具体的にどのような事があるのでしょうか?終活と言われても高齢の方ばかりなイメージなので若い人間が興味を持つこと自体間違いなんじゃ?と不安です”

Wikipediaで”終活”を検索してみると”「人生の終わりのための活動」の略であり、人間が人生の最期を迎えるにあたって行うべきことを総括したことを意味する言葉”とあります。

人は、生まれたときから常に死に向かっています。ただ、若いときは、そのことをあまり意識することはないのが一般的です。若いときに意識するとすれば、交通事故や病気、親族の死に直面したときでしょうか。

また、終活の多くは、残された親族への配慮の元行われることも多いです。子供たちにお墓の面倒を見て行ってもらうべきなのか。自分がなくなった後、葬儀はどのように手配してほしいのか。通帳などの財産はどこに保管しているのか、など。

30代や40代で終活が必要か。明日事故にあうかもしれませんし病気になるかもしれません。

その時に親族の方など残された人への配慮の元、自分の意思を残しておくためにエンディングノートを書いておくのは、早すぎる、ということはないかもしれませんね。

終活には様々な取り組みがありますが、初歩的なものとしては、エンディングノートを書くことでしょうか。その項目の中には、お墓のことや葬儀のこと、資産のことなども含まれてきます。

いつ終活を行うべきか。ご自身が”死”を意識するきっかけがあった際に、考えてみてはいかがでしょうか。

 

終活相談:エンディングノートはラブレター

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、S.O.さん(30代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

S.O.さんは、おばあ様のお家の整理についてお悩みのようです。

”私はシングルマザーで、子どもが二人います。私にもしものことがあったときのことを考え、エンディングノートを書いておこうと考えています。

ノートを準備しては見たものの、実際書き始めようとしても何を書いていいのか分からず書き進めることができません。

子どもたちのために、私はどのようなエンディングノートを書けばよいのでしょうか。どのような内容のことを書いておけば子どもたちが困ることのないようにすることができますか”

水あそび

「エンディングノートは、家族のためのラブレター」

以前、心泉会館で終活セミナーを行った際、講師を担当いただいた先生がおっしゃっていました。

まっさらなノートに、書き込もうとしても、何を書いていいかわからなくなりますよね。
心泉のエンディングノートは、ネット上からダウンロードいただけますので、こちらからご覧になってください。

記載する内容に決まりがあるわけではありませんが、残された方がご覧になったときに困らないように情報をまとめてあげておくことがポイントです。また、伝えたいことなども残すことが多いです。

・生い立ちについて
家系図・家訓
お墓・納骨・埋葬について
希望する葬儀について
医療・介護について
セカンドライフ/終の棲家
財産について/遺言書
後見について
もしものときの連絡先
メッセージ/伝えたい事

終活はご自身のためでもありますが、残された家族のためでもあります。また、状況に合わせ書き直していくことも大切です。

 

終活相談:生活の基準がお葬式を見越しての余生になっていて、心配です。

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、M.O.さん(30代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

M.O.さんから、おばあさまの「終活」についてご相談いただきました。

”85歳の祖母は、「自分の葬式代は自分でまかなうから心配しなくていい」といって、少ない年金をせっせと貯めています。私は祖母に、好きな物を食べたり欲しい物があったら買って楽しんで欲しいし、自分が死んだ時に回りに迷惑をかけないようにお葬式のために貯金をする生活に疑問を持っています。立派なお葬式をあげてもらいたいわけでなく、残される家族のことを思って気を使ってくれているのですが、新しい服も買わずに特に趣味もなく、生活の基準がお葬式を見越しての余生になっていて、心配です。祖母がそれでいいならしょうがないかもしれませんが、このような考え方の高齢者の方は多いのでしょうか? ”

おばあちゃん

とても思いやりのあるM.O.さん。節制するおばあさまが節約に励むことをあまり快く思っていないようです。

近年、終活を積極的に行う方が増えました。元々、「子供たちには迷惑を掛けたくない」という思いから、葬儀の備えなどをする高齢の方もいらっしゃいましたが、その備えができない方の方も多くいらっしゃるかと思います。

M.O.さんのおばあさまのご意思で節約に励まれていらっしゃったとしたら、それはそれでおばあさまにとっては大切なことである可能性もあります。

終活で大切なのは、「家族との会話」。一人で決めてしまうのではなく、家族と一緒に、どうしてほしいのか、どうしたいのか、ということをお話しされることも大切です。

M.O.さんが、おばあさまにして欲しいと思っていらっしゃることは、もしかしたら一緒にされると良いかもしれませんね。

 

終活相談:墓じまいの費用感とは?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、 C.I.さん(20代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

C.I.さんから、「墓じまい」についてご相談いただきました。

”墓じまいする場合、いくら位費用がかかるのでしょうか。お寺から反対されて墓じまいできないということはありますか?また、どのタイミングで墓じまいを相談するのがいいのでしょうか”

永代供養墓心泉

お墓の跡取りがいない、などの理由から、「墓じまい」を検討する方が増えてきました。
心泉の終活永代供養でも、「墓じまい」に関する相談が増えてきました。

①お墓のある場所により大きく異なる墓じまいの費用

「墓じまい」にかかる費用についてですが、今現在お墓の有る場所によって、お墓撤去の費用はまちまちです。
レッカー車が入れる所であれば比較的安価な場合が多いのですが、車が通れず、作業員が墓石を運搬する必要がある場合は、費用が割高になります。また、お墓の大きさによっても変わってきます。

②寺院墓地は指定された石材店が担当するケースも

心泉のお客様からの問い合わせでは、必ず相見積もりをしております。3社にお願いすることが多いのですが、見積もりはまちまちです。また石材屋や寺院の中にある墓石の場合、お寺の提携してます石材屋さんに依頼しなければならないケースもあり、石材屋さんの指定にそう料金のことが多いです。

③墓じまいをする時期はいつ?

一方、公営墓地の場合、見積もりをお願いして一番良い所にお願出来ると思いますが 安かろう悪かろうでは困りますので、信頼できる石材屋さんを知っている所が良いです。

また、寺院が「墓じまい」を拒否する、ということは出来ません。そのうちと思っているとなかなか思い切れないものですよね。だからこそ、私どもでは「墓じまいを考えた時」が一番良い時期なのではないかと思います。

 

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

終活体験談:終活は負の念ではなく、前向きなもの

家族葬や永代供養墓、その他終活のご経験者の方々に、体験談を伺いました。
皆さまの体験談を元に、「心泉のお葬式」「心泉の永代供養」に対する理解も深めて頂ければ幸いです。

今回は、KY.Lさん( 50代・男性)に終活の体験についてお話を伺いました。
体験されたのは、心泉のお葬式永代供養とは異なりますが、皆様が終活を行う上での参考になれば幸いです。

・持病のことを考え、夫婦で相談して終活を開始


夫婦で相談し、終活をされたというKY.Lさん。その時の体験について伺いました。

「実際に今後の子供の将来や、子供たちがお墓参りすることを考えて墓地の選定から始めました。また自分たち夫婦の過ごしてきた時間を振り返るとともに、それらの整理をしましたね。それは自分がわずらわっている病気が、今後再発すると死に至る確立がかなり高いからの事でしたね。実際に夫婦で少しながら振り返ることに際して気恥ずかしい面もありました。」

・終活は負の念ではなく、前向きなもの


「実際に終活を行ってはかなり気恥ずかしい面もありましたし、これからの人生を生きていくうえでのモチベーションが損なわれる感じがしました。それは死を意識することによって生きる活力にかげりが出るのではないかという心配です。最近終活という言葉がはやりだしたのだと思いますが、それまでは負の念を持って生きるようには考えてきませんでしたからね。」

実際に活動されて、どうだったのでしょうか。

「もう二人ともいい年齢ですので。自分たちが過ごしてきた人生を振り返り子供たちのことを考えるときに際しては涼しい感じで相談と考えることができました。死を考えるのではなく、死を迎え入れるので、自殺とか負の念というものがまったくなく本当に気持ちよく考えることができました。」

前向きな終活をされたKY.Lさん。気恥ずかしさを持ちながらも、ご夫婦で向き合ってお話しすることができている点、素晴らしいですね。

もちろん、おひとりで終活をされる方も多くいらっしゃいます。ご自身にあった向き合い方ができるといいですね。

心泉の終活では、皆さまからのご相談も受け付けております。気になる方は心泉の終活をご覧ください。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

終活相談:亡くなってもいないのにお墓を探すのはおかしいこと?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は N.S.さん(30代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

N.S.さんは、おばあ様のお家の整理についてお悩みのようです。

”私の両親は、どちらも末っ子同士です。今は二人とも元気ですが、最近よく自分達の入るお墓がないのでどうしようと呟くことが多くなりました。

安心してこれでは死ねないとよく言っています。

新しく自分達でお墓を作る場合、どのように探したらいいのか、どのような種類があるのか、そしてまたどのくらいの費用がかかるのか教えてほしいです。

私も妹も結婚したので、恐らく父と母二人だけ入るお墓になると思います。
亡くなってもいないのに早々と探し始めるのはおかしいことでしょうか?”

終活というキーワードが一般的になっているように、元気なうちに、余生のことを整理したり、ご本人たちのお墓やお葬式についてご準備される方が増えています。

お墓については、大きく分けて、①”家”単位のお墓、②永代供養墓、③納骨堂、④散骨などがあります。

①”家”単位のお墓

〇〇家のお墓というのは、長男の方がひきつづのが一般的です。そのため、他の兄弟は別にお墓を立て、お子様方に引き継いでいきます。費用は立地や石の種類にもよりますが、200-220万が相場と言われています。その他、年間の維持管理費などが必要です。

②永代供養墓・樹木葬

お子様がいらっしゃらない、もしくはお子様に墓の管理負担を減らしたい、娘しかおらずお嫁に行ってしまった。そのような方は、永代供養墓や樹木葬などを選択される方がいらっしゃいます。価格は立地や形式(合祀か個別管理かなど)などにより分かれております。3万円程度で利用できるものもあります。

心泉の永代供養でご案内しているのも、永代供養墓の形式になります。また、価格は合祀10万~の用意があります。ご夫婦でご利用できる形式もあります。

③納骨堂

室内型のお墓、納骨堂もあります。これは、家ごとで使用できるものや夫婦で使用できるものなどがあります。

心泉御廟は、納骨堂とは少し異なりますが、永代供養墓に納骨する前に兼六園近くでご遺骨をお預かりし、室内で参拝いただくことが可能です。

④散骨

海への散骨をはじめ、宇宙葬などオリジナリティあふれるサービスも増えてきました。散骨にはルールがありますので、ご自身で行うのではなく、専門業者に依頼する必要があります。

これらのお墓の種類を理解したうえで、ご自身がどのようなものを選択したいかは、生前の元気なうちに決めておくことで、残された親族間のトラブル回避にもなります。

お墓には49日後に納骨するのが一般的ですが、ご本人の意向を引き継ぐ形式で行うことで、残された方々が納得する形で供養することができます。生前での終活は、家族や親族への思いやりを込めた活動かもしれません。