供養お知らせキャンペーン

身内の死、遺族の悲しみのパターンと解消法

身内が長い間病院に入っていた後に亡くなった場合、ある時期から死を予期する場合も多いでしょう。とはいえ、身内の死が悲しいものであることには変わりありません。前回のブログでは、葬儀後の気持ちと向き合い方についてお話しました。

死の悲しみがどれだけ生活に影響するかは、人それぞれです。死の瞬間までの期間があったかどうか、故人とできるだけ時間を過ごせたかなどが大きな影響を及ぼします。もし悲しみで日常生活に支障が起きる場合は、グリーフケアの活用をおすすめしています。今回は、その中でもご遺族が故人の長期入院を経験された場合に焦点を当ててみました。

身内の死に対する悲しみは、どのような形で訪れるか?

病状が悪化して入院するも徐々に容態が悪化する場合、身内にとって大きな衝撃となる言葉は、主治医からの「回復の見込みがない」ということでしょう。

このとき、いままで遠い存在であり、訪れて欲しくなかった身内の死というものを、身近なものとして感じさせられることになります。
まだ生きているのに、あたかももう亡くなってしまったように感じるかもしれません。悲しみを抑えられずに、泣き叫んでしまう場合もあるでしょう。あまりに悲しみが強い場合は、グリーフケアを受ける必要があるかもしれません。

しかし徐々に容態が悪化するところを目の当たりにすると、近づく死を受け入れざるを得ません。患者さんの身内の方は、死後のことについて考え始めます。葬儀の会場も探しているかもしれません。
そして身内の死を迎えるとき、その事実を万感の思いをもって迎えることになるでしょう。

亡くなったことに対する悲しい気持ちの強さは、ケースバイケース

長い間の入院生活の末に亡くなった場合、故人に対する悲しい気持ちは、いつまで続くのでしょうか。これは亡くなった背景や、遺族と故人との関係によってさまざまです。

悲しみが少ない場合

以下のような場合は、悲しみによる日常生活への影響は少なくて済むことが多いでしょう。

  • 故人に対して、できることはやり切った。またベストの治療を受けさせることができた
  • 故人とできるだけ多くの時間を過ごすことができた

これらは、後悔の気持ちが少ないことが大きな特徴です。
身内を失った悲しい気持ちはもちろんありますが、早い時期に現実を受け入れることができる場合も多いでしょう。特にグリーフケアが必要ない場合も多いものです。

悲しみが大きくなる場合

以下のような場合、故人に対する悲しみは大きなものになります。

  • 亡くなる前の数年間、故人とあまり顔を合わせられなかった
  • もっと良い治療法があると思っているのに、受けさせることができなかった
  • あまりお見舞いに行けなかった

いずれも、後悔の気持ちが大きくなることが特徴です。「あの時に無理してでもやっておけば、まだ生きていたのに」などと、自責の念に苦しみ続ける場合もあります。
あまり悲しみが長く続くようであれば、グリーフケアを受けることも考えましょう。

人はいつか死ぬもの。悲しみが長く続く場合はグリーフケアを

人は必ず死ぬものであり、これはいかに治療を尽くしたとしても避けることはできません。故人のためにも、なるべく早く日常生活を取り戻すことが大切です。

悲しみが長く続く場合はグリーフケアを受けるとよいでしょう。グリーフケアとは、大切な家族を失くした遺族を周囲が寄り添いサポートすることです。他の人に相談したり、ワークショップなどで悲しみを分かち合うことで、あなたの心の負担を軽くすることにつながります。

また心泉では供養の気持ちを具現化するお手伝いとして、永代供養墓での寺側での供養、そして手元供養などの提案もしております。従来の寺院が行ってきたように、毎月ご自宅に訪問し、供養することも可能です。心泉会館内で個別に読経することもご相談いただけます。僧侶と話しながら故人の死と向き合うことは、ご遺族の方が日常に戻っていくことを気持ちの面からサポートすることにつながります。こちらの利用も検討してみてください。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

ペット供養の仕方。葬儀は?お墓は?

ペットは家族同様、そう考える人が増えている時代です。大切にしてきたペットが亡くなった時も、家族として葬ってあげたいと思う方も多いでしょう。最近は、ペットの葬儀社やお墓もあります。読経してくれる寺院もあります。ただし、法的な手続きは人と異なるところがありますのでその点は注意しましょう。

届出が必要なのペット

亡くなった時に市町村への届出が必要なペットは犬です。じつは、それ以外の動物は特に義務付けられていいません。自治体で火葬してくれるところもありますが、遺骨はゴミとして焼却されてしまいます。遺骨を供養されたい方は、民間のペットの葬儀社に以来されると良いかと思います。

また、火葬の方法もいくつかあります。合同葬の場合、他のペットと一緒に火葬されるため、個別に埋葬することが難しくなります。個別葬であれば、個別に火葬してもらうことができ、収骨することができます。また、火葬車を自宅に出張してもらい、火葬をしてもらう自宅葬を行なっている業者もあります。ご家族の希望にあう方法を選んで供養してあげましょう。

ペットを供養するお寺やお墓も

寺院によっては、ペットへの読経をおこなってくれるところもあります。心泉の丘と連携している法句寺でも相談可能です。

お墓は、ネットなどでも販売しているものがありますし、ペット用の霊園もあります。お墓に納骨し、お参りすることもできますし、自宅に置ける骨壷などもあります。霊園は民間の業者が運営しているものや寺院が運営しているものがあります。飼い主と同じお墓に納骨できるかは、運営業者により異なりますので、確認してみてください。

法句寺心泉会館内でもペットの納骨対応をしていますので、お気軽にお問い合わせください。

心泉の永代供養墓
心泉の家族葬
心泉の一日葬と永代供養墓セット

お墓参りの作法と持ち物。必要な掃除用具やお供え物とは

お墓参りはお盆の時期にされる方が多いですが、時期関係なく行なっても大丈夫です。故人と向き合いたい時、何かを報告したい時などご自身にあったお参りの方法をとってください。一般的には、お彼岸やお盆、命日や法要などに行います。また、月参りを通じ、毎月手を合わせる方もいらっしゃいます。思い立った時にお墓参りをする、という気持ちで故人の供養を行うようにしましょう。

お掃除をして、故人の好きだったものをお供え

お墓参りができず、お墓の掃除もできそうにない、という場合は、放置せず、民間の業者に依頼するなども検討しましょう。また、掃除だけではなく、花や供物、線香を供えてあげてください。故人の好きだった食べ物でもかまいません。ただし、お参りを終えたら、カラスなどの餌にならないよう持ち帰るようにしましょう。

最近では、墓の管理をする代行業者も増えてきました。ふるさと納税を通じ依頼できる地域もあります。墓地によっては、お墓参りを行わず、放置状態になっている期間が一定期間を超えた場合、管理者側が撤去する場合もあります。内容を確認し、民間のサービスに頼れるところはお願いしてみるのも一つの手法です。また、個人で管理する必要がない、永代供養墓での供養も一つの選択肢にしましょう。

お墓の掃除の際の持ち物

ご自身で掃除をされる場合は、下記のものを持参されるか、寺院や霊園の管理者から借りれるか確認しましょう。

  • 桶:掃除の際の水を運びます。
  • ひしゃく:墓に水をかけるために使います。
  • ほうき:墓の周りの落ち葉などを綺麗にしましょう。
  • ブラシ:こけや汚れを落とします。
  • はさみ(植木用):墓の周りに伸びている草花を刈り取りましょう。

また、夏などの暑い時期は熱中症対策に水筒や帽子なども持参してください。

暮石の前で手を合わせる。必要に応じ読経の依頼を

お墓の掃除が終わったら、お供え物を飾り、線香をつけ、水を暮石にかけ清めた後、お墓の前で手を合わせましょう。線香は束のまま立てて供えてください。また、水で清める行為は、仏の喉を潤すとも言われています。

お盆の時期などの読経は、僧侶に依頼をすることも可能です。僧侶にお願いする場合は、お布施も用意しましょう。

地域により異なるお盆時期。金沢では「きりこ」を準備

地域によって7月15日の新盆にお墓参りをするところや8月15日の旧盆をメインとするところなど違いがあります。石川県金沢市では、主に旧盆が主流でこの時期多くの人がお墓参りをします。

金沢でこの時期、お参りをする家族が持参するものとしてよく見られるのが「きりこ」。南無阿弥陀仏と書かれた紙で覆われた木の枠でできた箱に板状の屋根が付いているものです。地域の風習にあったお供え物を用意し、お参りするとよろしいかと思います。

心泉の永代供養墓
心泉の家族葬
心泉の一日葬と永代供養墓セット

故人の供養に関わる人と料金は?お墓への納骨の方法とお布施編

故人の供養に関わる人と料金は?葬儀編およびお墓と仏壇の購入と管理編のブログで、葬儀やお墓や仏壇の購入などについてまとめました。今回は、お墓への納骨の仕方、方法について、そしてお布施、費用について紹介したいと思います。

法名・戒名を僧侶に依頼を。その時のお布施代は?

仏式で供養する方は、葬儀あとに用意したお墓に納骨される方が多いでしょう。その場合、事前に法名や戒名を付けてもらっておく必要があります。個人のお墓の場合は、正面横などに刻銘します。永代供養墓の場合も、法名版があることが多いですが、実名より法名・戒名を刻銘するのが一般的です。

法名・戒名は、お手継の僧侶にお願いするものですが、そういった寺院がない場合は、葬儀の時に読経をしてもらった僧侶に相談してみてください。法名・戒名をいただく際のお布施は、3万程度が一般的です。宗派によって、使用する文字に違いがありますので、宗派が決まっている方は、依頼する寺院の宗派も考慮しましょう。

浄土真宗の場合、法名はお通夜の時から使用しますが、故人に授けるのは、葬儀が始まる前、お髪剃りの後です。故人にふさわしい名前を、好きだったものや生き様を考慮し僧侶が法名を決めます。心泉の丘では、ご遺族の方とお話させていただき、決めるようにしています。

四十九日、もしくは一周忌に納骨を

お葬式を終えた後、ご遺骨は自宅か寺院の本堂に安置したあと、四十九日の法要を行い、納骨します。お墓の用意がない場合は、一周忌に行うこともできます。法要を行う場合は、場所代、お花代、僧侶へのお膳料、読経のお布施が必要です。場所代は指定があるケースがあります。ちなみに、心泉会館で法要を行う場合、全て込みで5万円でご案内しています。

法要の後に納骨式を行います。その際の読経のお布施は2万円程度が一般的です。また、納骨の時は、「埋葬許可証」が必要になりますので、あらかじめ用意をしておきましょう。

お布施の費用は決まっているものではありませんが、一般的な費用を考慮し用意し、故人を供養されることをおすすめします。

納骨式に用意しておくものとは?

遺骨、遺影、木札、埋葬許証、お線香、お供えのお花やお供え物、お墓の使用許可証を持っていきましょう。また、これらに加え、読経をお願いする寺院へのお布施を用意します。料金は上記にも記載しましたが、納骨式の前の法要に5万円(お布施の他、お花代など含む)と参加される人の数を考慮した食事代、納骨式に2万円を目安とされると良いでしょう。

わからないことがあれば、直接寺院に聞くこともできますが、お布施代というのは、サービス料という概念とは異なるので、と費用を教えてくれないこともあります。その場合は、こちらのブログで紹介させていただいた料金やネットなどで調べお住まいの地域(土地柄)にあった金額で用意することをおすすめします。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

top_mail

phone_tel_banner

故人の供養に関わる人と料金は?葬儀編

大切な人だったからこそ、亡くなった後も向き合える時間を持ちたい。そのような気持ちを形にするのが「供養」です。意味は、尊敬を払う対象に対し供物を捧げること、です。一般的に、仏もしくは故人が対象になります。ブログでは、亡くなった方、故人を対象とした場合についてまとめ、3回に渡って紹介したいと思います。

供養を行うためには、通常いくつかの会社や人に協力を得ることになります。今回は、どのような供養の形があるのか、その時に関わる人たちや費用について説明します。

葬儀の施行、読経、お供え物

供養と聞いて、思い浮かべる行為には下記のようなものがあると思います。

  • 葬儀を施行し、読経をする
  • お墓を用意し、納骨する
  • 仏壇へお供えものをする
  • お盆にお墓の前に花を飾る
  • 命日などに読経をする

家族葬か一般葬か。故人の終活を尊重して

葬儀を施行する際は、葬儀社に依頼をします。最近では、終活をされる方も増えていますので、故人が予め業社を選定しているケースもあります。日本では宗教葬かつ仏式が一般的ですが、音楽葬など、宗教関係者を招かない無宗教葬などもあります。まずは葬儀方式を決めることが必要です。

葬儀方式を決めたあとは、葬儀の規模(家族葬や一般葬)を決め、会場を選定します。会場には、セレモニーホール、寺院、自宅などが挙げられます。故人の交際範囲など考慮する点もありますが、世間体にとらわれず、故人の意志を尊重し決めることをおすすめします。

また、故人が互助会に入会していた、ということもあります。ただし互助会は退会することもできるので、故人や遺族が他の葬儀社を望む場合は、状況に応じて納得の行く依頼先を選定するとよいでしょう。

心泉のお葬式は、寺院隣接のセレモニーホールで施行ができます。施設の一部には、リビングやキッチンなどもあり、住まいのようなアットフォームな空間、かつ毎日読経が行われている場所で施行することができます。

供養は僧侶に。お布施の費用は?

故人のお迎えや火葬の手配は葬儀社で手配をすることになりますが、「供養」という面では、寺院の僧侶が対応する部分です。「お手継の寺院」つまりは、お先祖代々の墓の管理をしている寺院の住職を葬儀に呼び、読経をすることが多いのですが、そういった寺院がない場合は、葬儀社から紹介を受けることも可能です。信仰の有無や地域がら、宗派を選ぶ必要がある場合は、事前に対象の宗派を確認の上、お願いする必要があります。

葬儀の読経には、いくつか種類があります。最近では、葬儀の手順を省くケースもありますので、読経の種類もそれに合わせて依頼すると良いでしょう。

本来お布施は、サービスではないので料金設定できるものではないのですが、近年依頼者のニーズとしては指定金額があった方がわかりやすく納得もできるという声が多いのが事実です。

家族葬や一般葬の読経の対応価格と内容(真宗大谷派)を紹介します。寺院側からの価格の指定をされることがあるかもしれませんが、下記よりもかけ離れて費用が高い場合は、相談してもよいかもしれません。

  • 15万円 枕経、お通夜、葬儀、火葬、中陰、法名(棺入法名・仏壇法名・おかみそり)
  • 10万円 枕経、葬儀、火葬、中陰、法名(棺入法名・仏壇法名・おかみそり) ※お通夜の読経無し

次回は、お墓への納骨など、葬儀後の供養について紹介したいと思います。

心泉の永代供養墓
心泉の家族葬
心泉の一日葬と永代供養墓セット