お知らせキャンペーン

寺院墓地から樹木葬まで!5つの埋葬場所のメリットとデメリット

昨今、故人を埋葬する場所は多様になってきています。故人への想いと、自分自身の利便性に合わせて埋葬する場所を選ぶことができるのは大変に嬉しいことです。しかし、寺院墓地と永代供養墓はどのような点が違うのでしょうか?霊園と納骨堂の違いは?

今回は寺院墓地、霊園、永代供養墓、納骨堂、樹木葬の5つの埋葬場所の違いについてみていきたいと思います。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分と故人にとって最も適切な埋葬場所を選ぶヒントとしてください。

5つの埋葬場所

故人の埋葬場所には以下の5つのものがあります。

寺院墓地 寺院が管理・運営する墓地。檀家制度があることが多い
霊園 寺院と無関係の墓地。民営と公営がある
永代供養墓 寺院が管理・運営する墓地で、永続的に供養が行われる
納骨堂 屋内に遺骨を納めることができるもの。寺院運営、民営と公営がある
樹木葬 遺骨を土の中に埋葬し、花木を墓碑とする。寺院運営、民営と公営がある

寺院墓地や霊園は長らく一般的でしたが、昨今は納骨堂や樹木葬を選択する人も増えてきています。それぞれにメリットとデメリットがあるため、故人をどこに埋葬するかは十分に吟味する必要があります。

5つの埋葬場所のメリットとデメリット

以下では、5つの埋葬場所について、それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

寺院墓地

メリット:管理しているのが寺院であり、法要の際に必要なものをすべて用意してくれます。また寺院による管理のため、墓地が常に綺麗に保たれています。

デメリット:檀家になる必要があり、管理費は寺院によってさまざまです。また檀家になると寺院の行事に参加する必要も出てきます。

霊園

メリット:檀家制度がなく、どんな宗教・国籍でも利用できます。公営霊園は費用が安く済みます。墓石の形を自由に選ぶことができます。

デメリット:郊外にあることが多く、交通の便が悪いことが多いです。民営霊園は管理費が高い傾向があります。

永代供養墓

メリット:使用料が比較的安いです。管理を寺院に任せることができるため、身寄りのない人でも永続的に供養を受けることができます。

デメリット:合祀された場合、遺骨を移動させたり、取り出すことができません。

納骨堂

メリット:屋内であり、天候に左右されずにお参りができます。都会の真ん中にあることも多く、利便性がよいです。

デメリット:管理期間が定められている場合があります。納骨できる人数も制限があり、それ以上に納骨する場合は別の納骨堂を購入しなければなりません。

樹木葬

メリット:管理費が比較的安い傾向があります。宗教や・国籍の制約がありません。墓石を利用せず、自然環境に優しいです。

デメリット:自然の植物が自生しているため、墓地が荒れやすいです。そして、手入れも大変です。基本的には遺骨を移動させたり、取り出すことができません。

心泉の永代供養墓と納骨安置所のオススメポイント

個人を埋葬する場所は、あなたと故人の想いから選ぶべきです。それぞれにメリットとデメリットがあるので、じっくり吟味しましょう。

心泉の永代供養墓は浄土真宗大谷派の寺院が管理・供養をしており、一部の遺骨のみならず、すべての遺骨をしっかりと埋葬することができます。また石川県金沢市にある兼六園から徒歩圏内と立地も素晴らしく、お参りがしやすいです。古都金沢を優しく見下ろす心泉の永代供養墓は多くの人にお勧めです。

また心泉の納骨安置所「心泉御廟」は屋内型あり、永代供養墓・心泉同様に管理は法句寺が行っています。納骨安置所と同じ敷地の中にセレモニーホールや本堂もあります。そのため、家族葬や回忌法要もすぐに執り行うことができます。納骨堂には遺骨を7回忌もしく33回忌まで安置することができ、利用者のニーズに沿った供養が可能となります。

心泉の永代供養墓
心泉の家族葬
心泉の一日葬と永代供養墓セット

相続で失敗しないために!遺言とエンディングノートの違いとは!?

「相続」、よく耳にする言葉だとは思いますが、実際のところは、なかなか経験するものではありませんし、よく分からないところですよね。関連して、遺言やエンディングノートも、実際に経験された事がある方は少ないのではないでしょうか。ここでは、相続の基本的事項や、遺言とエンディングノートの違いについてお伝えしていきます。

相続とはなにか?

相続(遺産相続)とは、人が亡くなったことにより、その人の財産について一切の権利と義務を、亡くなった人の配偶者や、一定の範囲の親族が受け継ぐことです。

一切の権利と義務というのは、貯金や土地などプラスの要素にあたるものもあれば、借金などマイナスの要素となるものも含まれます。そして、死亡した人の権利や義務を受け継ぐ人のことを相続人といいます。また、死亡した人のことを被相続人、相続人が受け継ぐ財産のことを遺産(相続財産)といいます。

ひとことで相続といっても、次に挙げる4つの形態に分かれます。

①遺言によるもの…遺言にもいくつか種類があります。公正証書遺言以外の遺言の場合には、家庭裁判所の検認が必要です。

②遺産分割協議によるもの…相続人の間でどのように遺産を分けるか協議して決めます。協議された内容を記録に残す必要もあります。

③調停・審判によるもの…②の協議で決まらない場合には、家庭裁判所の調停または審判に従います。

④共同相続…遺言が無く、遺産分割前の時点では、相続人全員が共同で相続することになります。

相続人の対象範囲・順位

相続人となる人や順位は、民法により、以下のように決められています。

①配偶者は、常に相続人となります。

②子がいる場合、配偶者と子(養子含む)が相続人となります。子が死亡しているなどでいない場合、孫やひ孫が相続人となります。

③子や孫がいない場合、配偶者と直系尊属(父母などのことです)が相続人となります。

④子、孫、父母、祖父母のいずれもいない場合には、配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。

ところで、上記の民法で定められている相続人(法定相続人)以外の人に、財産を渡したい場合には、どうしたら良いでしょうか。

これには、「遺贈(いぞう)」という方法を用います。遺贈は、遺言により被相続人の財産を相続人、相続人以外の人や、法人などに無償譲与 することをいいます。

例えば、“ずっと介護をしてくれていた次男の嫁に財産を遺したい”とか、“内縁の妻に家を渡したい”という場合、これらの法定相続人の範囲に含まれない方々にも、遺贈という方法を取ることにより、財産を渡せることになるのです。

あとは、教育機関やボランティア団体などへの寄付も、この遺贈であれば、行うことが可能です。

遺言とエンディングノートの違い

ここ数年流行っているエンディングノートですが、このノートにも多くの場合、遺産や相続について記載するところがあります。でも、ここで注意が必要です。遺言とエンディングノートの違いを知っておきましょう。

まず、エンディングノートには法律で定められた書き方はありませんし、死後の法的効力もありません。一方、遺言書は法律で定められた書き方がありますし、死後に法的効力を持ちます。

この法的拘束力を持つか、持たないかが重要です。通常、遺言書には、遺産相続に関する内容を書き記します。対して、エンディングノートには、それ以外の葬儀に関する希望や、家族や友人への感謝の気持ち、自分の経歴など、伝えたいことを何でも自由に書いていくものとなります。

エンディングノートに、相続人以外で遺産を渡したい人のことを書いておいたのに、法的拘束力がないために、実現しなかった…などということがないようにしたいものですね。

心泉の丘では、相続や遺言についてのご相談も承っています。お気軽にご相談ください。

心泉の永代供養墓

心泉の家族葬

心泉の一日葬と永代供養墓セット

永代供養墓とは?意味や費用の相場、お墓の探し方など、知っておきたいポイント総まとめ

最近、永代供養墓について、新聞などのメディアでよく耳にするようになりました。永代供養墓の使用料やその他必要な費用の相場感、準備のタイミングや探し方など、永代供養墓の購入を検討するうえでのポイントを詳しく解説します。

永代供養墓とは?普通のお墓と何が違うの?

お墓といえば、先祖代々のご遺骨が埋葬され、家の長男が供養を引き継ぐ代々墓が一般的です。夏のお盆には家族揃って帰省し、墓碑に向かってお参りする方も多いのではないでしょうか。一方、永代供養墓とは、寺院や霊苑が管理および供養をしてくれる集合墓(合祀墓と呼ばれることもあります)をいいます。購入する際、永代使用の権利を得ることができます。室外にあるものが多くありましたが、最近は都市部を中心に、室内型の納骨堂と呼ばれるものが増えています。室外、室内問わず、一定期間(主に最大33回忌、50回忌まで)は個別に管理し、その後まとめて納骨する方法から初めから合祀をメインとするものもまで様々です。

永代供養墓・心泉は、法句寺が平成9年に建立したものですが、当時は、永代供養という言葉もありませんでした。シングルの増加や少子化、核家族化などの影響から、墓の後継となるお子様がいない方やいても娘さんのみの方、お子様が県外に移ってしまい、墓参りが負担になるのではないか、と心配される方が増えたことにより、永代供養墓の需要はますます伸びそうです。

永代供養墓を選ぶと良い人とは?

お墓の必要性を考えるきっかけになるのは、おそらく家族などにご不幸があった時かもしれません。また、近年は終活を積極的にされている方もおられるので、そういった時に考えることもあるはずです。いずれにしろ、故人の供養やご自身にもしものことがあったときにお墓を建てるべきか、永代供養墓を活用するべきかを考えればよいでしょう。

判断する基準になるのは、主に下記です。

  • 継承するお墓を持っているか
  • ご自身が亡くなったあと、お墓の後継者はいるか
  • 予算はいくらか

お墓を所有していない方は、用意する必要があります。お墓を用意するのに、下記の料金が必要になります。

  • 墓地の使用料
  • 年間管理費
  • お墓の石材費
  • お布施

墓地の使用料や年間管理費は、墓地の所有が公営なのか、民営なのか、寺院なのかなどにより異なります。これらについては、お墓と仏壇の購入と管理編 で詳しくまとめているので参考にしてください。

幅広い料金体系の永代供養墓とその他必要な料金とは

お墓の後継者がいない、できれば費用は抑えたい、という方は、永代供養墓を利用することをおすすめします。故人の代わりに寺院など永代供養墓の管理者が供養をする集合墓です。集合墓とはいえ、33回忌までは個別にご遺骨を管理できる形式の物が多く、その期間を過ぎたあと、合祀されます。

料金は、管理者により大きく異なります。一般墓の平均が176.2万円に対し、永代供養墓(樹木葬、納骨堂)は、68.8万円(樹木葬)から87.7万円(納骨堂)となっています(鎌倉新書調べ)
立地や新しさ、納骨の仕方などで価格には幅があります。また、永代使用料のほか合祀前までの管理費の有無なども事前に問い合わせておくとよいでしょう。購入前に足を運び、料金のほか、好みのデザインか、通える距離にあるか、なども調べておくと安心です。

また、お布施は墓の購入金額とは別に用意する必要があります。寺院墓地にお墓を建てる際や納骨の際に必要になるか否かは寺院によりけりです。檀家になる必要有無もことなります。もともと檀家となっている場合、入檀料は必要ありませんが、新しく檀家となる場合は、寺院の墓地を使用するため、入檀料を求められることがあります。検討する際は、あらかじめ確認されるとよいでしょう。

墓じまいには永代供養墓がおすすめ

墓の後継ぎの方が元気なうちにと始めた終活の一環で、「墓じまい」をするという事もあります。墓じまいとは、現在のおを撤去、ご遺骨を別の墓に改装することを指します。改装先には、墓の管理・供養を委託できる永代供養墓を選ぶことが主流となってきました。墓じまいに関する更に詳しい内容は、「墓じまいの手順」をご覧ください。

納骨とは?納骨するのはいつ?

納骨とは、火葬後にご遺骨や骨壺を墓に納めることをいいます。お墓をお持ちでない方が故人の供養のためお墓を建てる際、時期に決まりはないのですが、四十九日までに用意するのが一般的です。永代供養墓への納骨も四十九日が一般的です。何らかの事情で納骨にお墓の用意が間に合わない場合などは、一周忌や三周忌など、節目の時期で親族があつまる際に合わせて行うと良いでしょう。その時に納骨式を一緒に行うことも可能です。納骨の前には、僧侶を招いて、お参りをしてください。魂入れの読経を行うことで、石が初めてお墓になります。その他、ご自身のために用意する方などは、新盆や彼岸などの時期もよいとされています。

納骨式については、ブログ故人の供養に関わる人と料金は?お墓への納骨の方法とお布施編も参考にしてください。

お墓の準備の仕方、探し方

お墓の準備は、石材屋やお手次の寺院に相談するのが一般的でしたが、最近はネット検索から探される方も多くなりました。

お墓を立てるのであれば、石の種類やデザインを相談する必要があります。石の種類も国産、輸入品などで料金が異なります。デザインは、購入者の好みや宗派により異なりますので、石材屋に相談されることをおすすめします。

永代供養墓は、寺院が所有し受付をしているもの、企業が販売の窓口になっているものなど様々です。最近では墓専用のポータルサイトも多くありますので、ネットでも探しやすくなりました。墓の後継ぎが不在とはいえ、ご自身が健在のうちは、お墓お墓参りをしたいとお考えの方は、通いやすい場所から探すと良いでしょう。google mapから「永代供養」と検索するとお近くの永代供養墓が見つけることもできます。

心泉の永代供養は金沢市の好立地でお参り可。安心価格で入檀不要。

永代供養墓・心泉10万円からご利用いただけます。また、室内でお参りができる室内納骨・心泉御廟もあります。永代供養墓、室内納骨ともに、おひとり用30万円、夫婦用50万円などご要望に応じご用意しております。ご利用の際、寺院との契約は永代供養墓・心泉の利用の為必要ですが、門徒(檀家)になる必要はありません。

また、永代供養墓・心泉は書家としても知られる、北方心泉が明治32年の建立した由緒ある寺院の法句寺が北陸で初めて建立した永代供養墓です。映画「武士の献立」のモデル舟木家の墓じまいにもご利用いただきました。永代供養墓・心泉の場所は金沢の野田山墓地にあります。室内納骨・心泉御廟は兼六園から徒歩圏内にある法句寺と隣接しています。また、同じ敷地内にあるセレモニーホール心泉では家族葬もあり、お葬式からお墓、法事法要まで一貫したサービスをご案内しています。

心泉の永代供養墓
心泉の家族葬
心泉の一日葬と永代供養墓セット

故人の供養に関わる人と料金は?お墓と仏壇の購入と管理編

前回のブログ、故人の供養に関わる人と料金は?葬儀編では、供養の中でもお葬式の際の供養について紹介しました。今回は、お墓の購入について、そして管理に伴う費用などについて紹介したいと思います。

墓地の購入は永代使用権を得るもの。管理費も考えて

家の長男の方など、予めお墓を所有している方もいますが、そうでない方は、ご自身で用意されるか、遺族が用意されます。お墓を立てるときは、墓地を購入し、永代使用権を取得します。また、購入時に支払うのは、永代使用料で、その後の管理には、管理費がかかります。永代供養墓を活用される場合は、購入時に一括で管理費を支払うケースや永代使用料に含まれている場合もあります。

墓地を購入する場合は、主に3パターン*。寺院墓地、公営墓地、民営墓地です。どこが管理しているかがそれぞれ異なり、購入に必要な条件が違います。*石川県金沢市の場合です。

寺院墓地:寺院が管理しています。永代使用料の他、入檀料や管理料、お布施などを求められることがあります。最近は、永代供養墓を管理している寺院も増えており、その場合は、宗派・宗旨を問わないこともあります。

公営墓地:都道府県や自治体が管理しています。宗派・宗旨は問いません。その地域に住所があり、墓の後継がいることなど購入条件が決まっています。

民営墓地:民間企業や宗教法人などによって管理されている霊園です。公営墓地と異なり、購入資格の条件は原則ありません。施設が充実しているところが多いことも特徴の一つです。

また、永代供養墓・心泉も寺院管理の霊園で、野田山の法句寺(大乗寺)霊園にあります。宗派・宗旨を問わず、合祀の場合は、管理料も必要がありません。また兼六園近くの心泉会館での法事法要も行えます。

お墓を選ぶ時はお墓参りを継続できるかがポイント

最近は、お墓の後継者がいないというケースやお墓参りの負担を子供達にかけたくない、という方が増えました。墓地の購入をするか決める前に、まずは、継続的にお墓参りを行えるか、管理費の支払いなども含め、墓を管理していけるかを考えましょう。お墓を管理していくことが難しい場合、永代供養墓を選択することもできます。また、墓を建立するよりも価格を低く抑えられるという利点もあります。

墓地を購入する場合は、立地条件、墓地の管理者の対応、永代使用権の内容を考慮しましょう。お子様が県外で暮らしている時、お墓参りに毎年帰ってこれる距離かなども考慮する方が増えました。毎年は難しい場合も永代供養墓を選択される方もいらっしゃいます。

また、特に注意するべき点は、永代使用権についてです。永代使用料以外に費用がかかる場合とかからない場合、第三者譲渡が認められる場合と認められない場合など、管理業者により異なりますので、予め確認しておくことが必要です。

仏壇の使用は四十九日の法要あと

最近はご自宅に仏壇がない家が多くなりましたが、ご不幸を機に購入する場合は、四十九日までに用意しましょう。購入したあとは、寺院に依頼し「魂入れ」のお経をあげる必要があります。魂入れをすることではじめて、本尊を迎え入れることになると言われています。また、実際に仏壇に手を合わせるのは、四十九日の法要の後からです。

仏壇へのお供え物、仏飯は、宗派によって形が異なります。寺院の僧侶に確認してみるとよいでしょう。また、にんにくやネギなどにおいのあるものや、トゲのある花はふさわしく無いと言われていますのでお供えすることは控えましょう。

心泉の丘では、永代供養墓に関する相談はもちろん、魂入れなど、読経案件についても承っています。お気軽にご相談ください。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

終活相談:両親のお墓の管理

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、E.I.さん(40代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

E.I.さんから、「両親のお墓の管理」ついてご相談いただきました。

“両親それぞれに菩提寺と代々のお墓があり、他に若くして亡くなった母のために父が建てた母個人のお墓があります。主人の実家は寺院で墓地も管理しているため、主人は将来は一緒にそこへ入ろうと言っています。特に異論はなくそれが自然だとも思っていますが、母親のお墓が今後どうなるのかと考えると何だかかわいそうな気持ちがしてくるのです。

現段階で父親は存命ですが、父が将来どのお墓に入りたいのかという希望は聞いていません。もしも母と一緒のお墓に入るとなれば、私は一人っ子のため管理できるのは自分だけです。それであればやはり、私も父母と同じ墓に入る方が良いのでしょうか。

法的に何らかの縛りがあるのか等も分からず不勉強の極みなのですが、なんとか波風立てずにうまく母親の墓を維持管理していくにはどうするのがベストなのでしょうか。”      

ご相談者のE.I.さんは、ご両親のお墓を守っていく立場の方ということ。現在お母さまの個人のお墓があり、お父様のお墓も今後検討していく必要があるようです。そして、ご主人は、ご実家のお墓に入られるとのこと、E.I.様も同じお墓に入ることが想定されます。

お父様が長男であった場合、その家のお墓に入ることが一般的ですが、そうでなかった場合、新しいお墓を作られることが考えられます。ただ、すでにお母さまの個人のお墓があるとのこと、お母さまのお墓に一緒に入られるということもできますね。

質問を拝見する限り、E.I.様のご主人は長男なのかもしれませんね。E.I.様のお子様がその場合、E.I.様のご両親とE.I.様ご夫婦のお墓両方を見ていく必要があるかと思います。

まずは、E.I.様が、ご両親のお墓をどのように管理されていきたいかを確認し、次の世代、つまりは、E.I.様のお子様方がどのようにされていきたいかも考慮する必要があります。もちろん、E.I.様のお父様のご意向も聞いてみましょう。

近年の傾向としては、E.I.様のように一人っ子の方は特に、近年墓じまいをされるケースが増えてきました。E.I.様のお子様が皆さまのお墓を管理していくことができないとなれば、お墓を守っていく人がいなくなり、いずれは無縁仏になる可能性が高くあります。

法的にはお母さまのお墓を墓じまいされることへの規制はありません。お母さまのお墓を墓じまいされ、お父様と一緒に永代供養墓などに入られれば、ご遺族の方への負担が減るということも考えられます。

そのような方法もあることを、考えられてはいかがでしょうか。

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner

終活相談:お墓の場所は何を優先して考えるべき?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。

今回は、mocomamaさん(50代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。
mocomamaさんは、ご自身とお母様のお墓について検討中のようです。

”私は50歳で現在は二人の子供と主人、現在80歳の実母(私は母しかおりません)と暮らしております。母親は私が2歳の時に離婚し再婚しておりません。母親の田舎は北海道です。北海道の先祖代々のお墓には入れませんよね?

また、私もお墓参りを考えると最寄りの交通の便が良いところにお墓を、と思っております。(現在の持ち家を変えたとしても交通の便が良いところを選んでおくべきかと思っております)

また、私も子供の手が離れたら主人とは離婚を考えておりますので、母親と同じお墓にと思っております。その場合、子供達もお墓参りに来やすい(来て欲しいので)場所を第一に考えておくべきかと思っておりますが・・

素人考えですので、このような場合のお墓の場所は何を第一に考えて探すべきか知りたいところです。”

お母様が田舎のお墓に入れるか入れないか、ということですが、お母様の兄弟構成も関係してくるのが一般的です。長男など家を継いでいらっしゃり、その方が、そのお墓に入るのが一般的ではあります。家を継いでいらっしゃる方とそのご家族の方の同意があれば、可能性もあるかもしれませんね。ただ、一般的ではないかと思います。

また、ご自身のお墓ですが、お子様のことを考えての選択肢を選ばれる方が増えているように思います。管理費などの負担を子供達にかけたくない。お墓参りの手間をかけさせたくない、などの理由をお持ちの方もいらっしゃいます。お参りに来てほしいとのお気持ちがあれば、お子様達の希望も伺ってはいかがでしょうか。

まずはご利用されるご自身の気持ちをまとめ、そのうえでお子様とお話しされるとよろしいかと思います。

一般的な選択肢としては、①お墓を守る家族の場所 ②好きな場所 ③代々のゆかりのある場所 等がありますが、これでなければならない、ということが決まっているわけではないので、お話合いが出来るとよろしいかと思います。

 

終活相談:終活はいつから始めるべきですか?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、S.Y.さん(30代・男性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

S.Y.さんから、「終活を始める時期」ついてご相談いただきました。

“自分はまだ若いのですが、30代や40代の内から終活の事を考えはじめるのは早すぎておかしいのでしょうか?早すぎるとしたら何歳くらいからそういう事に対する行動をスタートし始めるのは客観的に見ておかしくないのでしょうか?反対に若い内から考えはじめるのは早すぎないとしたら、若い内に出来ることといったら具体的にどのような事があるのでしょうか?終活と言われても高齢の方ばかりなイメージなので若い人間が興味を持つこと自体間違いなんじゃ?と不安です”

Wikipediaで”終活”を検索してみると”「人生の終わりのための活動」の略であり、人間が人生の最期を迎えるにあたって行うべきことを総括したことを意味する言葉”とあります。

人は、生まれたときから常に死に向かっています。ただ、若いときは、そのことをあまり意識することはないのが一般的です。若いときに意識するとすれば、交通事故や病気、親族の死に直面したときでしょうか。

また、終活の多くは、残された親族への配慮の元行われることも多いです。子供たちにお墓の面倒を見て行ってもらうべきなのか。自分がなくなった後、葬儀はどのように手配してほしいのか。通帳などの財産はどこに保管しているのか、など。

30代や40代で終活が必要か。明日事故にあうかもしれませんし病気になるかもしれません。

その時に親族の方など残された人への配慮の元、自分の意思を残しておくためにエンディングノートを書いておくのは、早すぎる、ということはないかもしれませんね。

終活には様々な取り組みがありますが、初歩的なものとしては、エンディングノートを書くことでしょうか。その項目の中には、お墓のことや葬儀のこと、資産のことなども含まれてきます。

いつ終活を行うべきか。ご自身が”死”を意識するきっかけがあった際に、考えてみてはいかがでしょうか。

 

終活相談:エンディングノートはラブレター

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、S.O.さん(30代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

S.O.さんは、おばあ様のお家の整理についてお悩みのようです。

”私はシングルマザーで、子どもが二人います。私にもしものことがあったときのことを考え、エンディングノートを書いておこうと考えています。

ノートを準備しては見たものの、実際書き始めようとしても何を書いていいのか分からず書き進めることができません。

子どもたちのために、私はどのようなエンディングノートを書けばよいのでしょうか。どのような内容のことを書いておけば子どもたちが困ることのないようにすることができますか”

水あそび

「エンディングノートは、家族のためのラブレター」

以前、心泉会館で終活セミナーを行った際、講師を担当いただいた先生がおっしゃっていました。

まっさらなノートに、書き込もうとしても、何を書いていいかわからなくなりますよね。
心泉のエンディングノートは、ネット上からダウンロードいただけますので、こちらからご覧になってください。

記載する内容に決まりがあるわけではありませんが、残された方がご覧になったときに困らないように情報をまとめてあげておくことがポイントです。また、伝えたいことなども残すことが多いです。

・生い立ちについて
家系図・家訓
お墓・納骨・埋葬について
希望する葬儀について
医療・介護について
セカンドライフ/終の棲家
財産について/遺言書
後見について
もしものときの連絡先
メッセージ/伝えたい事

終活はご自身のためでもありますが、残された家族のためでもあります。また、状況に合わせ書き直していくことも大切です。

 

永代供養墓体験談:条件を絞ってのリサーチと足を運んで見学

「心泉」では、家族葬永代供養墓、その他終活のご経験者に、体験談を伺いました。
皆さまの体験談を元に、「心泉」のお葬式や永代供養に対する理解も深めて頂ければ幸いです。

今回は、M.I.さん(40代)に永代供養墓購入の体験についてお話を伺いました。
体験内容は、心泉のお葬式・永代供養とは異なりますが、皆様が終活を行う上での参考になれば幸いです。

・長男ではない父。条件を絞ってお墓選びを。


「父の癌が発覚してから闘病と看病に必死で亡くなってから長男ではないのでお墓がないことに気づきました。しばらくはそばにお骨を置いていたのですが、東北大震災を機に、骨壺を持って逃げられないと思い、①父が好きだった場所で、②家族が行きやすい場所で、③地震などの天災があっても寺社に力があって直してくれるところ、という3条件を家族でまとめました。最近の大きなお寺はどこでも永代供養をホームページで紹介しているので比較もしやすかったです。」

ネットで検索して永代供養墓などをはじめ、終活関係のサービスを探す方が増えたことに伴い、ホームページ上でのご案内があるところも増えました。実際に比較をし、足を運んで選ばれたというM.I.さん。しっかり条件面も決めていらっしゃるようでした。

・宗派の違いや地震対応などもしっかり説明。


M.I.さんは、はじめて永代供養墓を探されたようですが、最近の対応に驚いた部分があったとか。

まず驚いたのは永代供養の担当営業さんがいたことです。」
「家族の父に対する思いや、地震を経験していることからお墓の修理のこと、宗派の違いについても何度も説明してもらえました。”焦らせない”というのは共通したスタイルでした。」

・何度も足を運び納得のいく場所へ。


「もちろん1度訪れただけでは決められないので、何度も足を運びました。最終的に決めた場所では僧侶の方にお話もしていただき、こちらの思いや父がなぜこのお寺が好きだったかということも理解していただきました。お墓を建てるというのは思いの終着点を見つける、という行為だった気がします。既に納骨されている方がお墓参りに来られて、立ち話をしたりしたことも良かったと思います。」

「納骨までにしっかりとした話し合いをしていたので、未だに困ったことはありません。永代供養墓ですが、キッチリとお経をあげていただいている姿も見ていますし、お花もいつもきれいで、掃除も隅々まで行きとどいています。」

納得のいくお墓をみつけ、納骨ができたというM.I.さん。その時のタイミングや納骨までの時期などにも寄りますが、足を何度も運ぶことにより、気に入ったところに決めることができたようですね。

 

 

終活相談:墓じまいの費用感とは?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、 C.I.さん(20代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

C.I.さんから、「墓じまい」についてご相談いただきました。

”墓じまいする場合、いくら位費用がかかるのでしょうか。お寺から反対されて墓じまいできないということはありますか?また、どのタイミングで墓じまいを相談するのがいいのでしょうか”

永代供養墓心泉

お墓の跡取りがいない、などの理由から、「墓じまい」を検討する方が増えてきました。
心泉の終活永代供養でも、「墓じまい」に関する相談が増えてきました。

①お墓のある場所により大きく異なる墓じまいの費用

「墓じまい」にかかる費用についてですが、今現在お墓の有る場所によって、お墓撤去の費用はまちまちです。
レッカー車が入れる所であれば比較的安価な場合が多いのですが、車が通れず、作業員が墓石を運搬する必要がある場合は、費用が割高になります。また、お墓の大きさによっても変わってきます。

②寺院墓地は指定された石材店が担当するケースも

心泉のお客様からの問い合わせでは、必ず相見積もりをしております。3社にお願いすることが多いのですが、見積もりはまちまちです。また石材屋や寺院の中にある墓石の場合、お寺の提携してます石材屋さんに依頼しなければならないケースもあり、石材屋さんの指定にそう料金のことが多いです。

③墓じまいをする時期はいつ?

一方、公営墓地の場合、見積もりをお願いして一番良い所にお願出来ると思いますが 安かろう悪かろうでは困りますので、信頼できる石材屋さんを知っている所が良いです。

また、寺院が「墓じまい」を拒否する、ということは出来ません。そのうちと思っているとなかなか思い切れないものですよね。だからこそ、私どもでは「墓じまいを考えた時」が一番良い時期なのではないかと思います。

 

心泉のサービスについては各ページからご覧ください。「永代供養墓・心泉」、「心泉の家族葬」、「一日葬と永代供養墓セット

お問い合わせ

top_mail

phone_tel_banner