永代供養墓を選ぶべきかのチェック項目。お墓の料金は?いつ建てるべき?

最近、永代供養墓について、新聞などのメディアでよく耳にするようになりました。永代供養墓・心泉は、法句寺が平成9年に建立したものですが、当時は、永代供養という言葉もありませんでした。シングルの増加や少子化、核家族化などの影響から、墓の後継となるお子様がいない方やいても娘さんのみの方、お子様が県外に移ってしまい、墓参りが負担になるのではないか、と心配される方が増えたことにより、永代供養墓*の需要はますます伸びそうです。*合祀墓、合葬墓と呼ばれることもあります。

納骨できるお墓はある?お墓の継承者は?予算は?

お墓の必要性を考えるきっかけになるのは、おそらく家族などにご不幸があった時かもしれません。また、近年は終活を積極的にされている方もおられるので、そういった時に考えることもあるはずです。いずれにしろ、故人の供養やご自身にもしものことがあったときにお墓を建てるべきか、永代供養墓を活用するべきかを考えればよいでしょう。

判断する基準になるのは、主に下記です。

  • 継承するお墓を持っているか
  • ご自身が亡くなったあと、お墓の後継者はいるか
  • 予算はいくらか

お墓を所有していない方は、用意する必要があります。お墓を用意するのに、下記の料金が必要になります。

  • 墓地の使用料
  • 年間管理費
  • お墓の石材費
  • お布施

墓地の使用料や年間管理費は、墓地の所有が公営なのか、民営なのか、寺院なのかなどにより異なります。これらについては、ブログお墓と仏壇の購入と管理編 で詳しくまとめているので参考にしてください。

永代供養墓は現代にあった供養の形式のひとつ

お墓の後継者がいない、できれば費用は抑えたい、という方は、永代供養墓を利用することをおすすめします。故人の代わりに寺院など永代供養墓の管理者が供養をする集合墓です。集合墓とはいえ、30回忌までは個別にご遺骨を管理できる形式の物が多く、その期間を過ぎたあと、合祀されます。

料金は、管理者により大きく異なります。5万円から150万など、場所や新しさ、納骨の仕方などで幅があります。また、永代使用料のほか合祀前までの管理費の有無なども事前に問い合わせておくとよいでしょう。

購入前に足を運び、料金のほか、好みのデザインか、通える距離にあるか、なども調べておくと安心です。

暮石を建てるなら石の種類とデザインの相談を

石材については、石の種類により料金が異なります。最近は、花こう岩、ハンレイ岩や閃緑岩と呼ばれるものがよく使われているようです。また、国産なのか、中国など輸入したものなのかも料金に反映されます。

暮石のデザインは、購入者の好みや宗派により異なりますので、石材屋に相談されることをおすすめします。

お布施は、寺院墓地にお墓を建てる際に必要になることがあります。もともと檀家となっている場合、入檀料は必要ありませんが、新しく檀家となる場合は、寺院の墓地を使用するため、入檀料を求められることがあります。検討する際は、あらかじめ確認されるとよいでしょう。

お墓を建てるのは四十九日が一般的

お墓をお持ちでない方が故人の供養のためお墓を建てる際、時期に決まりはないのですが、四十九日までに用意するのが一般的です。間に合わない場合などは、一周忌や三周忌など、節目の時期で親族があつまる際に合わせて行うと良いでしょう。その時に納骨式を一緒に行うことも可能です。納骨の前には、僧侶を招いて、お参りをしてください。魂入れの読経を行うことで、石が初めてお墓になります。

納骨式については、ブログ故人の供養に関わる人と料金は?お墓への納骨の方法とお布施編も参考にしてください。

その他、ご自身のために用意する方などは、新盆や彼岸などの時期もよいとされています。

ちなみに、法句寺永代供養墓は石川県で初めてつくられました(北陸初でもあります)。場所は、金沢の野田山墓地にあります。法句寺は、書家としても知られる、北方心泉が明治32年の建立した由緒ある寺院です。兼六園から徒歩圏内にあります。また、法句寺に隣接したセレモニーホール心泉には、室内納骨安置所があり、永代供養墓・心泉への埋葬を前提に、室内でお参りができる心泉御廟家族葬用の斎場があります。心泉の丘は、法句寺と連携し、永代供養墓や家族葬のサービスをご案内しています。

心泉の永代供養墓
心泉の家族葬
心泉の一日葬と永代供養墓セット