ペット供養の仕方。葬儀は?お墓は?

ペットは家族同様、そう考える人が増えている時代です。大切にしてきたペットが亡くなった時も、家族として葬ってあげたいと思う方も多いでしょう。最近は、ペットの葬儀社やお墓もあります。読経してくれる寺院もあります。ただし、法的な手続きは人と異なるところがありますのでその点は注意しましょう。

届出が必要なのペット

亡くなった時に市町村への届出が必要なペットは犬です。じつは、それ以外の動物は特に義務付けられていいません。自治体で火葬してくれるところもありますが、遺骨はゴミとして焼却されてしまいます。遺骨を供養されたい方は、民間のペットの葬儀社に以来されると良いかと思います。

また、火葬の方法もいくつかあります。合同葬の場合、他のペットと一緒に火葬されるため、個別に埋葬することが難しくなります。個別葬であれば、個別に火葬してもらうことができ、収骨することができます。また、火葬車を自宅に出張してもらい、火葬をしてもらう自宅葬を行なっている業者もあります。ご家族の希望にあう方法を選んで供養してあげましょう。

ペットを供養するお寺やお墓も

寺院によっては、ペットへの読経をおこなってくれるところもあります。心泉の丘と連携している法句寺でも相談可能です。

お墓は、ネットなどでも販売しているものがありますし、ペット用の霊園もあります。お墓に納骨し、お参りすることもできますし、自宅に置ける骨壷などもあります。霊園は民間の業者が運営しているものや寺院が運営しているものがあります。飼い主と同じお墓に納骨できるかは、運営業者により異なりますので、確認してみてください。

法句寺心泉会館内でもペットの納骨対応をしていますので、お気軽にお問い合わせください。

心泉の永代供養墓
心泉の家族葬
心泉の一日葬と永代供養墓セット