終活相談:家族の資産管理

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、Y.H.さん(40代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

Y.H.さんから、「家族の資産管理」ついてご相談いただきました。

“友人の父が数年前に脳梗塞で突然亡くなりなした。母親は痴呆が少々入っていたため、金銭管理はすべて父親が行っていたそうです。お葬式は葬儀社との相談でどうにかなったものの、相続どころか総資産についてもわからず、銀行へ問い合わせても本人の死亡を証明する書類と妻である母親に来てもらわなければ手続きできないと言われて手続きがかなり難航したと言っていました。

友人のように家族が突然死した場合にどうそなえておくべきでしょうか。両親には縁起が悪いけど、資産をどう管理しているかなど、私たち兄弟にわかるようにして欲しいと伝えてあるのですが、今の所は保管場所を聞いている程度です。”

銀行の口座は、亡くなった直後にすぐに凍結されるということはないのですが、お悔やみ欄での告知や親族の方などからの連絡を銀行の方が受けた後凍結されてしまいます。凍結されてしまうと、親族の方でも預金を引き出すのは大変難しくなってしまいます。

そうなってしまう前に、葬儀代の手配などをしておけるとベストではありますが、突然死となると、なかなかそういうわけにはいきません。

最近では終活の一環として、エンディングノートに資産関係をまとめる方も増えてきました。随時情報をアップデートしていくことは必要ですが、いざというときに役に立つことと思います。まずは、エンディングノートの作成から始められてはいかがでしょうか。