終活相談:墓じまいの費用感とは?

終活に興味がある方から頂いた質問にお答えすることで、皆さんのお役に立てる情報をお届けします。
今回は、 C.I.さん(20代・女性)から頂いた質問と終活を行うにあたってのヒントをお届けしたいと思います。

C.I.さんから、「墓じまい」についてご相談いただきました。

”墓じまいする場合、いくら位費用がかかるのでしょうか。お寺から反対されて墓じまいできないということはありますか?また、どのタイミングで墓じまいを相談するのがいいのでしょうか”

永代供養墓心泉

お墓の跡取りがいない、などの理由から、「墓じまい」を検討する方が増えてきました。
心泉の終活永代供養でも、「墓じまい」に関する相談が増えてきました。

①お墓のある場所により大きく異なる墓じまいの費用

「墓じまい」にかかる費用についてですが、今現在お墓の有る場所によって、お墓撤去の費用はまちまちです。
レッカー車が入れる所であれば比較的安価な場合が多いのですが、車が通れず、作業員が墓石を運搬する必要がある場合は、費用が割高になります。また、お墓の大きさによっても変わってきます。

②寺院墓地は指定された石材店が担当するケースも

心泉のお客様からの問い合わせでは、必ず相見積もりをしております。3社にお願いすることが多いのですが、見積もりはまちまちです。また石材屋や寺院の中にある墓石の場合、お寺の提携してます石材屋さんに依頼しなければならないケースもあり、石材屋さんの指定にそう料金のことが多いです。

③墓じまいをする時期はいつ?

一方、公営墓地の場合、見積もりをお願いして一番良い所にお願出来ると思いますが 安かろう悪かろうでは困りますので、信頼できる石材屋さんを知っている所が良いです。

また、寺院が「墓じまい」を拒否する、ということは出来ません。そのうちと思っているとなかなか思い切れないものですよね。だからこそ、私どもでは「墓じまいを考えた時」が一番良い時期なのではないかと思います。