先祖の供養の形式は?永代供養墓?樹木葬?

生前の終活と共に、ご自身でお葬式やお墓のことを調べて手配する方が増えました。

昔は、お葬式を行ってから、お墓を考える、という方が多かったのですが、

最近は、終活お墓のことを考えてから、お葬式も一緒に考える、という流れが強くなってきているように感じます。

 

お墓の形式も次々と増え始め、永代供養墓から始まり、樹木葬、海洋散骨など様々な形が選べる時代になりましたので、

中には宇宙墓などもあります。亡くなったら星になる、が本当になった気もしますよね。

ご自身が望む形を選べる時代になったという点はとても素敵なことです。

 

さて、タイトルにある「祖先の供養」については、少し事情が異なるようです。

ご自身のお墓は自分たちのしたい形にできるけれど、新しすぎる形をとると、周りに何か言われないか、

という事情もあるようです。

 

どこで供養しているのか、と問われた時のことを少し考えてしまうようですね。

そういった事情でも、永代供養墓はお墓であり、お寺が永代的に供養してくれる

ということで、伝統的な部分は受け継いでいる点をご指示いただいているようです。

 

永代供養墓心泉は石川県で、金沢で、最初の永代供養墓です。

その当時は永代供養墓という名前もありませんでしたが、いつの間にか一般的に。

伝統は大事に、これからも時代に合ったご提案ができればと思っております。