墓じまいの手順。いざ撤去し永代供養墓へ。

昨日のブログで、墓じまいについて触れました。

今日は、墓じまいを決めたら、その後の手順は?とお思いの方もいると思うので

そのことをお話しようと思います。

 

 

墓じまいが決まったら、もちろんお墓からご遺骨(骨壺)を取り出すことが必要になります。

”墓じまいはお墓のお引越し”ですね。

  1. 引越しすることをオーナーに伝える。→お墓の管理者に墓じまいをお伝えする。
  2. 引越し先の物件を決める。→新しいお墓を決める。
  3. 引越し業者を決める。→石材店を決める。
  4. 新しいお家に引越しをする。→ご遺骨の移動を行う。

 

流れはお引越しと同じですが、魂をお取扱いということで、お寺の場合、特別な読経を行います。

弊社の場合は、提携している法句寺の僧侶が対応しています。

 

少し具体的なお話をします。

まず、元々のお墓の管理者に承諾を頂いた後は、石材店とお付き合いすることになります。

さらっと流しそうになりましたが、お墓の管理者ときちんとお話しないでお引越しをすると

トラブルになりかねませんので、お話してくださいね。使用権利など管理されている場所により扱いが異なるようです。

 

 

どの石材店とお付き合いするかは、お墓がどこにあったかで異なります。

お寺の墓地にお世話になっていた場合は、その寺院していの石材店に。

石材店が管理している墓地の場合は、管理会社の石材店に。

公営墓地の場合は、ご自身で問い合わせをし、見積もりをもらいましょう。

 

宣伝ですが、心泉の丘では、これまで公営墓地をお使いだったお客様の場合は、

弊社から、お付き合いのある石材店にお願いすると、お見積りがお得なようで、喜んでいただいております。

 

前に述べましたが、お寺が墓じまいを対応する場合は、

魂抜きのお経をあげます。何のお経をあげるかは、お寺により異なります。

 

ご遺骨を撤去し、多くの場合は、永代供養墓や納骨堂に納骨します。

納骨の際も、お経をあげるのが一般的です。

元々のお墓は、石材店が綺麗にし、無縁仏にはならずに済む、ということになります。

 

石川県での墓じまいを検討中、金沢市への永代供養墓をお探しの方は、お気軽にご連絡ください。